ホーム>レッスンブログ>初心者スイングの理論>バックスイングPart2(9時の位置)
初心者スイングの理論

バックスイングPart2(9時の位置)

1212121.jpg

クラブの動き

左腕とシャフトの角度は約90度。
コック(クラブを立てる)はすでに完了。


8時の位置から9時に上がる途中でコックをすると、実際にはかなり遅れてしまい、9時でコックが完了しないものです。
バックスイングスタートと同時にコックをしていくぐらいでちょうどいいでしょう。

グリップエンドは、ほぼターゲットライン上(飛球線)を指す。
シャフトは、右肩を横切っていく。地面から45度くらい。


カラダの動き

左腕は、ターゲットラインにほぼ平行にしましょう。
インサイド(背中側)に引きすぎると、地面を叩きやすくなります。

だんだんウエストがきつくなってきますので、前傾姿勢のキープを心がけましょう。
おへその動きをイメージしてもいいですが、お尻の動きも同じ(反対側として)なので、イメージしやすいほうでいいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/432

コメントする

PAGE TOP