ホーム>レッスンブログ>初心者スイングの理論>ドライバーのティアップのちょうどいい高さは?
初心者スイングの理論

ドライバーのティアップのちょうどいい高さは?

100_0206.jpg 100_0207.jpg

ドライバーのティアップの高さに迷う人が多いようです。

大まかな目安として、

ドライバーのヘッドからボールが半分出るくらいが良いでしょう。


注意点は、

「構えたときのヘッドの高さと、当たっているときのヘッドの高さは違う」

ということです。



ドライバーを打つと、極端にボールが高く上がってしまう人は、

構えと当たったときの位置が同じくらいだったのです。

つまり、ボールの下半分を打ってしまったわけですね。

今回おぼえていただきたいことは、

「ドライバーでのスイング軌道の最下点は、地面から数センチ上」

ということです。

 


実際のドライバーでのスイング中は、

ヘッドが地面に触れることはありません。


コツは、ティの先端1センチくらいの高さがスイング軌道の最下点だということです。

ヘッドを浮かせて構えることをおすすめします。

フラフラして安定感悪そう、と思われるかもしれませんが、

地面を打ってしまうよりもずっと距離が出ますし、すぐに慣れるものです。

よくランも出るようになって、きっと飛距離アップにつながりますよ!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/441

コメントする

PAGE TOP