ホーム>レッスンブログ>中・上級者用>傾斜地からのショット
中・上級者用

傾斜地からのショット

傾斜地からのショットのセオリーでは、

 

「各傾斜によって、ボールは各方向に曲がる」

 

となっています。

 

正確には、「曲がりやすい」ということで、

 

必ず曲がるわけではありません。

 

セオリーが適用されるのは、

 

平らな場所で安定してほぼ真っすぐに打てる人と考えてよいでしょう。

 
 

ここでは、ライ角度の影響を特に受ける、

 

つま先上がりとつま先さがりで見てみましょう。


 

ライ角度とは、クラブを構えたときに、

 

シャフトと地面とが作る角度のことです。

 

たとえば、同じ7番アイアンを、180センチの人と、

 

160センチの人が構えたら

 

ライ角度が変わってくることはわかるでしょう。

 

 
 

身長が高い人がクラブを構えると、

 

フェースは右を向きやすく、低い人が構えると、

 

左を向きやすくなります。

 

フェースが右を向けば、ボールは右に飛びやすく、

 

フェースが左に向けば、ボールは左に飛びやすくなります。

 


 

同じ人が構えた場合、つま先上がりでの構えは、

 

身長が低くなると考えましょう。

 

逆につま先下がりでは、身長が高くなるということです。


 

 

つまり、つま先上がりの傾斜では、

 

ボールは左に飛びやすく、

 

つま先下がりの傾斜では、

 

ボールは右に飛びやすい、のがセオリーです。

 
 

平らな場所からのスイングがある程度できていなければ、

 

セオリーとは逆の球筋になる場合もよくあります。

 

変に意識して、傾斜地に対する体重の

 

かけ方のバランスが狂い、

 

スイング軌道がゆがむことが考えられます。


 

 

その他、ラフが深い傾斜地なら、

 

ボールは曲がらないこともあります。

 

フェース面に芝が入ると、ボールは曲がりにくくなります。

 

見極めは、経験によるでしょう。

 

傾斜地では、構えに注意して、5割程度の

 

ヘッドスピードに落としてスイングすることをおすすめします 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

PAGE TOP