ホーム>レッスンブログ>2012年1月

2012年1月

元を取るラウンドの仕方

 

仮に、プレー代が¥10,000だったとしましょう。

¥10,000を¥15,000の価値に高めるラウンドの仕方を考えてみたことがありますか?

 

私は、プライベートのラウンドでは、

わざとバンカーや斜面に向かって打っていきます。

もし、バンカーに入らなかったら、手で投げいれてしまい、

それを打っていきます。

さすがに、スコアは少し悪くなりますが、トラブル脱出の好機会だと思い、

スコアは気にしません。

 

アマチュアゴルファーは、練習のほとんどが打席のマットからでしょう。

良いスコアはコンペなどの時に目指せばよく、ふだんのラウンドでは、

なかなか練習できないバンカーや斜面に向かって打ちましょう。

 

もし、コンペ本番でバンカーや斜面にボールが行っても、

ふだんからやり慣れていますから、想定内と思えます。

いつもラクなフェアウェイからばかりで打っていれば、

本番で曲がってしまったら、

「そんなはずではなかった」

と慌てるばかりです。

 

ラウンド前に、ゴルフ教本などでバンカーや斜面の打ち方を予習していき、

コースではどんどん実践していくことで、プレー代以上のラウンドができることでしょう。

そんなゴルファーが、本番で良いスコアを出せる確率が高いはずです。

 

 

ゴルファーの夢・飛距離アップの考察

ゴルファーすべての夢、飛距離アップについて考えてみましょう。

 

優先順位の1番目は、「芯で打つこと」です。レッスン用語っぽく言えば、ミート率を上げること。

2番目に、スイングスキルの向上です。正しいスイング軌道や身体の使い方を習いましょう。

3番目にヘッドスピードのアップでしょう。素振りが一番スピードアップに役立ちます。

重たい棒(素振り用が売っている)が効果的でしょう。

 

クラブ購入の際に、ショップで測ってくれる「測定器のワナ」をお教えしましょう。

これは、ゴルフショップの店員さんには怒られるかもしれません。

測定は、環境や雰囲気で大きなばらつきが出るものです。

 

一番信頼できる測定数値は、コースでフェアウェイをキープしたときのスイングです。

レンジの測定器では、何球かに一回のナイスショットだけをチョイスされて、クラブを選ばれてしまう。

なかなか平均値を取らず、最高値をとろうとする。なぜなら、高く売れるからです。

 

私の知人に、ヘッドスピードが測定器で58もありながら、コースでは200ヤードくらいしか飛ばない人がいます。

コースでは、方向性やミート率という制限がかかると、そんなには振れないものです。 

 

ヘッドスピードはそんなに速くなくても、コンパクトでていねいなスイングをすれば、

かなりのミート率アップが見込め、飛距離アップにつながります。

フィニッシュで3秒静止する練習をすれば、かなりのミート率アップが実現します。

 

PAGE TOP