ホーム>レッスンブログ>中・上級者用>ゴルファーの夢・飛距離アップの考察
中・上級者用

ゴルファーの夢・飛距離アップの考察

ゴルファーすべての夢、飛距離アップについて考えてみましょう。

 

優先順位の1番目は、「芯で打つこと」です。レッスン用語っぽく言えば、ミート率を上げること。

2番目に、スイングスキルの向上です。正しいスイング軌道や身体の使い方を習いましょう。

3番目にヘッドスピードのアップでしょう。素振りが一番スピードアップに役立ちます。

重たい棒(素振り用が売っている)が効果的でしょう。

 

クラブ購入の際に、ショップで測ってくれる「測定器のワナ」をお教えしましょう。

これは、ゴルフショップの店員さんには怒られるかもしれません。

測定は、環境や雰囲気で大きなばらつきが出るものです。

 

一番信頼できる測定数値は、コースでフェアウェイをキープしたときのスイングです。

レンジの測定器では、何球かに一回のナイスショットだけをチョイスされて、クラブを選ばれてしまう。

なかなか平均値を取らず、最高値をとろうとする。なぜなら、高く売れるからです。

 

私の知人に、ヘッドスピードが測定器で58もありながら、コースでは200ヤードくらいしか飛ばない人がいます。

コースでは、方向性やミート率という制限がかかると、そんなには振れないものです。 

 

ヘッドスピードはそんなに速くなくても、コンパクトでていねいなスイングをすれば、

かなりのミート率アップが見込め、飛距離アップにつながります。

フィニッシュで3秒静止する練習をすれば、かなりのミート率アップが実現します。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/45

コメントする

PAGE TOP