ホーム>レッスンブログ>初心者用>元を取るラウンドの仕方
初心者用

元を取るラウンドの仕方

 

仮に、プレー代が¥10,000だったとしましょう。

¥10,000を¥15,000の価値に高めるラウンドの仕方を考えてみたことがありますか?

 

私は、プライベートのラウンドでは、

わざとバンカーや斜面に向かって打っていきます。

もし、バンカーに入らなかったら、手で投げいれてしまい、

それを打っていきます。

さすがに、スコアは少し悪くなりますが、トラブル脱出の好機会だと思い、

スコアは気にしません。

 

アマチュアゴルファーは、練習のほとんどが打席のマットからでしょう。

良いスコアはコンペなどの時に目指せばよく、ふだんのラウンドでは、

なかなか練習できないバンカーや斜面に向かって打ちましょう。

 

もし、コンペ本番でバンカーや斜面にボールが行っても、

ふだんからやり慣れていますから、想定内と思えます。

いつもラクなフェアウェイからばかりで打っていれば、

本番で曲がってしまったら、

「そんなはずではなかった」

と慌てるばかりです。

 

ラウンド前に、ゴルフ教本などでバンカーや斜面の打ち方を予習していき、

コースではどんどん実践していくことで、プレー代以上のラウンドができることでしょう。

そんなゴルファーが、本番で良いスコアを出せる確率が高いはずです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/46

コメントする

PAGE TOP