ホーム>レッスンブログ>ゴルフ雑学>ちょっと待った!安いからセルフプレー?
ゴルフ雑学

ちょっと待った!安いからセルフプレー?

トラブルを未然に防ぐセルフプレーの心得教えます。

 

最近は、セルフプレーが主流になってきました。

気の合う仲間内だけでプレーを楽しめるし、

キャディ付きプレーよりも、

料金がお得になるからでしょう。

 

しかし、セルフプレーは、

プレー中にやるべきことがたくさんあります。

腕前に、かなり余裕がなければ、

落ち着いてプレーに専念できなくなります。

 

セルフプレーを、レストランに例えれば、

バイキングやセルフサービスのようなものです。

一方、キャディ付きは、

呼べばオーダーを取ってくれ、

お水や料理を運んでくれます。

 

 

さて、プレーで大事なことは、

事故やトラブルがなく、

テキパキとスムースなプレーをすることです。

「上手に打とう」、「いいスコアを出そう」

も、大切ですが、優先順位を誤ってはなりません。

 

セルフプレーでは、ちょっとしたカート運転のコツで、

1ラウンドで20分~30分は短縮できるものです。

以下の項目を実践すれば、

快適なセルフプレーができるようになるでしょう。

 

■カートには、自走式(自分で運転するタイプ)と、

リモコン式があります。リモコン式がやや便利でしょうか。

 

■自走式の場合は、カートの運転を

数ホールずつの分担制にした方が公平でしょう。

 

■一番飛んだ人や、プレーに余裕のある人は、

多めに運転してあげましょう。

 

■各ホールで、全員パターが終わったら、

いちいちクラブをカートにしまわずに、

手に持ったままカートに乗り込み、

すぐに移動しましょう。

カートは、グリーンの脇に停めている場合が多くなります。

ゆっくりクラブをしまっていると、

後ろの組のプレーヤーに

打ち込まれる可能性があるからです。

実際、よく事故やトラブルが起こる場面です。

次のティーグラウンドに到着してから、

ゆっくりクラブを出し入れすれば時間、

手間が省けるものです。

 

■グリーンの近くに来たら、

各自、PW 、SW 、パターの3点セットを持って行きましょう。

(他に必要はクラブがあれば、それも)

 

■カートの発車は、

安全のため「発車しまーす!」と一声かけて、

全員が乗ったことを確認してから。

 

プレーヤーの右前方にだけは居てはいけません。

「打ちまーす!」「どうぞ!」のかけ声の徹底が、

打球事故を未然に防ぎます。

(右利きは、右に飛びやすい。左利きがいた場合は逆)

 

■後ろの組のプレーヤ―から見て、

自分たちのカートを「存在表示」としましょう。

2打目、3打目の曲がり角や、下り坂直後は、

後ろの組の人たちからは死角となって見えないものです。

打ち込まれるケースがよくあります。

 

 

同伴プレーヤーの方たちと、よく打ち合わせをして、

 

「前の組に遅れない」

「後ろの組を待たせない」

 

を合言葉にセルフプレーを楽しみましょう。

スコアにこだわるのは、それからです。

 

マナーやエチケット、安全確認は、

ルールを守ることよりも優先されるものです。

事故やトラブルが起こってからでは遅すぎるからです。

 

「安全確認」 

 「素早い動作」

  「手順・段取り」 

 

を最優先にプレーを楽しみましょう。

 

初心者ゴルファーだけでのプレーは、

キャディ付きプレーをおすすめします。

 

「上手な人がキャディ付きでプレーをするもの」

 

と、よく聞くものですが、そうではありません。

キャディ付きのメリットを挙げてみましょう。

 

■カートの進行を全てやってくれる

■コースの案内をしてくれる

■状況に必要なクラブを選んでくれ、持ってきてくれる

■場合によっては、技術指導してくれる

 

まだ他にもキャディ付きのメリットはたくさんあります。

キャディ付きプレーは、

数千円の割り増しで、きっと快適なプレーを楽しめることでしょう。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/487

PAGE TOP