ホーム>レッスンブログ>中・上級者用

中・上級者用

斜面からの打ち方 「つま先下がり」

100_0219.jpg

地形的に、前回のつま先上がりの正反対になります。
セットにしておぼえてください。

多くの方は、トラブルからの脱出で余裕を無くしてしまい、
ポイントを忘れてしまうようです。
しっかり記憶して次回のラウンドで試してみてください。

まず、構え方です。

1.普通の長さで持つ。つま先上がりと違い、ボールが身体から遠ざかっています。きちんと
  ヒットしようと短く持つ、という考え方はOKですが、ここでは短く持たないでください。

2.フラットな地形の倍は腰を落として構え、前のめりにならないように、かかと体重にする。

3.ボールの位置は中央に置く。

ミスの傾向も知りましょう。そうすることで、逆にミスを防ぐことができます。
つま先下がりからのミスは、ボールがフラットな地形より遠ざかっているため、
クラブヘッドが届かなくなり、ボールの頭だけを打ってしまいゴロになって
転がってしまうのが多いです。極端には空振りになることもあります。

振り方は、前へつんのめらないように、下半身をかなりしっかりさせ、
上半身と腕だけでスイングします。バランスを保つには、
足腰の強さが必要なので、自信のない方は大振りは禁物です。

斜面からの打ち方「つま先上がり」

今回から4回にわたり、斜面のレッスンです。

第1回目は、「つま先上がり」です。
多くのゴルファーは、ボールが右に飛んでしまうことに悩まされます。

スイング改善は、別の機会に譲るとして、
曲がってしまったときの対処から見ていきましょう。

コースでボールが右に曲がると、
ほとんど、「つま先上がり」の斜面にボールが止まります。
右に曲げない努力より、曲がってしまって、
つま先上がりに止まってからの脱出法を習得する方が、
プレーの実際としては実戦的です。

斜面からの脱出は、

「傾斜に沿った、適した構え」

こそが成功のポイントになります。
ただやみくもに当てようとしても、容易に脱出できません。
それから、

■ 斜面に逆らわない振り方

■ 斜面での考え方

もお話していきます。

 

 

 


では、写真を参考にしていただき(準備中)、
脱出に適した構え方について説明していきましょう。

 

【 つま先上がりの構え方 】


ポイントは3つです。

1.必ず短くクラブを持つ

です。地面が自分に近づいてきているのですから、
フラットな地面と同じ長さに持てば、
思い切り地面を掘ってしまいます。

2.身体を起こして構える

です。前傾姿勢の角度を浅めにしましょう。
ここでは、具体的に何度浅く、とは説明できませんが、
みなさんが経験でつかんでください。

3.近く立つ

短く持って、身体が起きて構えているのですから、
その分ボールに近づいて構えてください。

 

 

【 つま先上がりの振り方 】


 斜面は、多くのゴルファーが苦手としています。
足場も悪いし、フラットな場所よりも
バランスを保ちにくいからです。

距離がまだたくさん残っていても、大振りは絶対禁物です!
バランスをさらに崩し、空振りするなど
傷口に塩を塗るハメになります。

こんな場合の考え方として、ミスはミスと受け止めて、


「0,5打のペナルティ」

と捉えてみてはいかがでしょうか。

プロでもミスをします。ゴルフ自体が、
ミスとミスをつなぎあわせてゴールに向かう性質のゲームなのですから、
ノーミスはあり得ないのです。

つま先上がりでのミスの傾向は、
地面を掘ってしまうダフりがほとんどです。
短く持っているのですから、コンパクトに
肩から肩くらいの振り幅でスイングしましょう。

「0,5打のペナルティ」なのですから、
仮に100ヤード飛ぶクラブでトライしているなら、
50ヤード飛べば合格、と考えましょう。

斜面に限らず、ピンチに陥ったりトラブルになったら、
挽回しようとせず、
1打余計に打つくらいの考え方をおすすめします。

取り返さなくっちゃ!起死回生の1発!
とカッコいいですが、高い技術が伴ってなければ、
たった1打余計に打てば良かった場面が、
結局余分な2打、3打費やしてしまう、
という経験イヤというほどしている方も多いことでしょう。


九死に一生の醍醐味を味わいたい人は、
果敢に挑戦してもいいでしょうけど、
スコア至上主義(結果重視)の方は、
手堅い戦法をおすすめします。

賛否両論あると思いますが、アマチュアゴルファーの場合、
ゴルフは「減点法」でプレーするほうが、
トータルでいい結果につながるのではないでしょうか。

プロゴルファーは、1打に生活、人生がかかっています。
また、膨大な練習と経験で、起死回生の1発の確率が、
アマチュアゴルファーとは比較にならないほど高くなります。

余程、腕に自信のあるゴルファー以外は、
1打に謙虚になっていただいて、素直に、

「1打余計に打てば、それが最善の結果をもたらす」

と考えてみてはいかがでしょうか。

ナイスショットは、良いアドレスから生まれる。

100_0210.jpg 100_0249.jpg

 

ナイスショットは、良いアドレスから生まれます。良いアドレスとは、

「均一感」があり、「限定的」です。

「均一感」とは、いつでも、どこででも、
どんなときでも同じアドレスができるということです。
「限定的」とは、ボールの位置、構えの角度、
腕やグリップの位置がいつも同じところにセットされるということです。

何やらかたくるしく思われるかもしれませんが、
ボールが飛んでいく場所を限定したい、
均一にしたくはありませんか?

そのためには、いつも同じスイングをする必要があります。
カラダの各部位の動きが限定的で均一感がほしい。
それは、ややきゅうくつ感を保つのがコツです。

最初はきゅうくつで狭苦しく感じるかもしれませんが、
きゅうくつ感の中になめらかさを作りましょう。

 

グリーン周りの強い左足下がりからのアプローチ

100_0203.jpg

大変難しい状況です。
一種のトラブルショットと考えて良いでしょう。

「トラブル」なわけですから、まず、結果に対して大きな期待は持てません。
脱出第一です。当然、旗にピッタリ寄せようという願望は捨ててください。
それこそが、トラブル脱出の第一歩です。

「いや、そんなの考えてないよ!」

との声が聞こえてきますが、
うまく脱出できたにもかかわらず、直後の声が、

 

「あっ、大き過ぎた!」

と、本音が出てきますよね(笑)。
腕前にもよりますが、プロレベルで4~5メートルに寄れば合格と考えるものです。

中・上級者で、10メートルくらい、初心者の方レベルですと、
グリーンに乗れば大合格!、
いや、乗らなくても1回で前に飛べば良し、との考え方をおすすめします。

では、打ち方を見ていきましょう。

こういった場面での打ち方は、構え方でほぼ決まってきます。
斜面に適した構えが取れていないと、まずボールに当たりません。

写真のように極度の左足下がりですと、体重を低いほうにかけると、
身体を支えられません。こんなときは、右足体重に構えましょう。
さらに、左足を前に、右足を後ろに引く
「クローズドスタンス」がバランスよく立てます。

ボールの位置は、右足つま先前よりも、もっともっと右寄りにします。
斜面の度合いにもよりますが、素振りをしたときに、
ヘッドが触れるポイントは、かなり右寄りです。
写真のケースですと、30~50センチくらいでしょうか。

さあ、構えが決まったら、あとはためらわずに

「気持ちよくオーバー目」

に打ちましょう。
ぎりぎり、ぴったりの未練があると、ダフってしまい、
目の前のバンカーにドボンとなってしまいます。

こんな場合は、「1打余計に打てばいいや」くらいが最も良い結果をもたらすものです。

 

バンカー越えのアプローチ

100_0201.jpg 100_0202.jpg

 

バンカーや池を越えてのアプローチは怖いものです。
失敗の確率も高いでしょう。しかしやらなきゃなりません。

まずは、「よし、やる!」と決心することで
ビクビクとためらうような打ち方をしないような心構えを作りましょう。

技術的なことより、この「ためらわない」で実行することが何よりも大事です。
「ためらわない」1打が、技術の不足を補います。
逆に、技術はあってもビクビクためらった1打は、プロでも大失敗をしてしまいます。

では、技術的なポイントを見ていきましょう。

1.スタンスは必ず狭く、7:3くらいの左足体重

2.ボール位置は、真ん中より1個分右足寄りに、

3.コックは使わず(クラブを立てないで)、腰から腰までの振り幅で



チップショットと、ピッチショットの混合的な打ち方と考えていいでしょう。
あとは、「ぴったり」とか「ぎりぎりに」という欲はこの際捨てて、
セイセイと旗をオーバーさせるつもりで打ちましょう。

オーバーは嫌?
こんな場面でためらっている方は、
「ぴったり寄せる」のはちょっとあきらめましょう。

いつかできるように!と練習を積んでいってください。
オーバーする方が バンカーに入れるよりマシですね!

「カップを外して狙う」とは?

100_0227.jpg 100_0228.jpg

 

「さあ、このパットは入れたい」という場面です。

「ボール2個分カップの右を狙ってください」

とアドバイスされました。
私もレッスンをしていて、こういう狙い方のアドバイスをします。

初心者の方の心理として、

「曲がるのはわかっているんだけど・・・・」

どうしても本能的にカップの真ん中を狙ってしまうようです。
写真のように、

「ボール何個分」「カップ何個分」

というような外し方で狙うことをおすすめします。
カップは、その残像をすぐ横にイメージしやすいですし、
ボールも手元にあるので、これもイメージしやすいからです。

カップもボールもだいたい2個くらいまでがイメージできる限界でしょう。
これ以上曲がるラインですと、誤差も増えてきますし、
慣れてないと、なかなかカップから外れて狙っていけません。

現時点で、この「カップを外す」狙い方ができない方は、
2個分くらいまでを射程圏内ととらえて挑戦していきましょう。

それ以上曲がりそうなラインは、2パット狙いで、

「とりあえず打ってみる」

か、上手な人のアドバイスを信じるのが一番でしょう。

 

ラフでどこまでウッドが使えるのか?

 

100_0205.jpg 100_0215.jpg 100_0204.jpg

 

夏になってくると、ラフが深くなってきます。
青々としてるということは、水分もたくさん含んでいるということです。

グリーンまで距離が残っている場合では、
どうしてもフェアウェイウッドを使いたいですね。

しかし、スイング軌道と、フェアウェイウッドの形状上、
ラフには弱いことを知ってください。

写真左のケースでは、腕力のある男性ですと、
力ずくでフェアウェイウッドが使えるギリギリのところでしょう。
3番ウッドは厳しく、5番、7番ウッドでのトライをおすすめします。

真ん中の写真のケースでは、フェアウェイウッドはとても使えないケースです。

よく、「ちょっとでも距離が欲しいから」と、
こんなケースででもウッドを持つ人がいますが、
かえって距離が落ちてしまい、
欲張った代償が大きくなってしまうものです。

真ん中の写真のようなラフでは、
相当な腕力の人でも7番アイアンくらいがやっとで、
女性ですとPWかSWでないと、フェアウェイに出すことすら難しいでしょう。

補足ですが、ラフとは違いますが写真右のような芝がハゲた

「ベアグラウンド」

と呼ばれるライでのフェアウェイウッドの使用にも注意が必要です。

かなりの腕前の人なら、ボールだけをクリーンにヒットして打てますが、
よくダフってしまう人は、このようなライでのフェアウェイウッドの使用は失敗しやすくなります。


ポイントは、構え方にあります。

まず、いつもより、2~3センチ短く持ち、スタンスも狭目にします。
やや左足体重にして、コンパクトスイングで打っていきましょう。

これでも結構飛距離が稼げます。お試しください。

前傾姿勢の決め方

100_0109.jpg 100_0112.jpg 100_0111.jpg

 

倶楽部ゴルフジョイでは、前傾姿勢の作り方を

「3つの基準」

でレッスンしていきます。

クラブは合計13本(パターを除く)使用できます。
一番短いクラブはPW、SWです。
一番長いクラブがドライバー、
真ん中の長さが、6~7番アイアンです。

この3種類のクラブの前傾姿勢をおぼえてしまえば、
残りのクラブは各基準から微調整していけばOKです。

写真左一番短いクラブの前傾姿勢では、

「謝罪の角度」

とおぼえましょう。約40~45度くらいになるでしょう。

真ん中の写真では、

「お礼の角度」

とおぼえましょう。
約30度くらいになるでしょう。

写真右のウッド系の前傾姿勢では、

「会釈の角度」

とおぼえましょう。約20~25度くらいになるでしょう。

各前傾姿勢から、腕をダランと垂らした位置が腕の位置になります。
この倶楽部ゴルフジョイ式アドレスだと、
構えがいつも安定し、モーションの安定も得られるようになってきます。

ライ角度を保ってスイングしよう

100_0119.jpg 100_0118.jpg 100_0120.jpg

 


「ライ角度を保ってスイングする」

とは、簡単に説明しますと、
構えた角度(地面とシャフトの間でできる角度)と
同じ角度でボールをとらえるということです。

もし、構えからしてズレていたら、
ナイスショットが出る確率は低くなってしまいます。
真ん中の写真が正しい角度で構えています。

写真左は、手を上げ過ぎ(ハンドアップ)、

写真右は手を下げ過ぎて(ハンドダウン)

構えてしまっています。

写真左のように、ハンドアップでインパクトしてしまうと、
ボールは右方向に飛びやすくなってしまいます。

反対に、ハンドダウンでボールをとらえると、
左方向に飛びやすくなってしまいます。

前傾姿勢と、手元の位置はボールの飛びに
大きな影響を及ぼしますから、
あなたの体格に合った構え方を練習しましょう。

 

ライの見極めがカンジンです

100_0194.jpg 100_0195.jpg 100_0204.jpg

 

「ライ」とは、簡単に説明すれば、地面の上にあるボールの状態のことです。

「ライがいい」、「ライが悪い」などと表現します。

写真左から右にかけて、ライが「悪く」なっていっています。

今回は、グリーン周りのアプローチショットでのライの影響を考えていきましょう。

写真左のボールは「良い」ライです。
チップショットの場合は、右足の親指前にボールを置いて、
練習どおりに打っていきましょう。

写真真ん中のボールのライは、ちょっと注意が必要です。
ボールの手前を打ってしまいやすく(ダフる)なるので、
ボール位置を、右足親指前から、中指前くらいにズラしましょう。

写真右ですが、これはライがかなり「悪い」状態です。
ボール位置を右足小指前に置いて、体重もさらに左寄りにしましょう。

いつもより、ボールも低く飛び出して、
ラン(転がり)も多くなることも計算しておきたいです。

PAGE TOP