ホーム>レッスンブログ>初心者用

初心者用

バックスイングでは左腕は伸ばすの?

100_0075.jpg 100_0076.jpg

 

バックスイングから、トップ・オブ・スイングにかけて、左腕がすーっと伸びているととても華麗でかっこ良く見えますね。
トーナメントで活躍している選手はほとんどきれいに伸びています。

しかし、選手たちは、毎日ストレッチを欠かさず、ゴルフに必要な部位を常に鍛えています。特に、今回のテーマである、大きなバックスイングを取るための左腕の伸び、肩周りの関節の可動範囲の広さを維持するために、食事まで考えて身体のコンディションをキープしています。

現実問題、通常の生活状態では、プロ選手と同じ関節の可動範囲、筋肉の柔軟性は真似できないでしょう。

画像右のような、リラックスした左腕の使い方をおすすめします。コンパクトな形になり、ダウンスイングからインパクトに向けての操作性も上がり、ミート率が格段にあがることでしょう。

コツは、股関節から上体と腕を一体にしてツイストするイメージです。
腕でクラブを上げていくのではなく、股関節から上のボディ自体をねじって、腕がついてくる、というイメージが効果的です。

腕で身体をねじり上げようすると、グリップ、肘がガチガチになってしまい腕自体の感覚が死んでしまいます。ダウンスイングから、インパクトにかけての操作性が落ちてしまうでしょう。

最初は、感覚の移行がスムースに行かないものですが、繰り返して練習すれば、感覚が芽生えてくるでしょう。

マナー向上「バンカーの均し方」

100_0103.jpg

 

正しいバンカーの均し方をされてますでしょうか?

初心者の方は、なかなか上手に手早くできないことでしょうが、

今後の参考にしてください。


ただ、均すのではなく、旗に向かって一直線に均すのが正しい方です。

旗に対して直角に均した跡にボールが位置すると、

ボールの手前に砂が盛り上がったようになってしまい、

上級者でもうまくバンカーーショットできなくなります。



バンカーレーキ(均し棒)も、軽く握り、重みで均していくと、砂の表面が平らになります。

なるべく速く均せるように、ボールまでの足跡も一直線にと考えておくと、上級のマナーとなるでしょう。

 

 

 

パターの基本

cimg0018.jpg cimg0019.jpg cimg0020.jpg

 

パターでのボールは、

 

左目の真下に置け

 

とはよく言われることです。

パターは、ショットよりも正確性が必要なのは言うまでもありません。
ショットは、クラブが長いので、目とクラブが離れてしまいます。

だからコースでは右を向いてしまいやすくなるのです。
パターは、ボールが転がっていくラインに、両目を結ぶラインを真上から重ねられます。
そうすることで、ショットのように右を向いてしまうことを防げるのです。

また、ボールを左目の真下に置くのは、違った言い方をすると、眉間の真下にパターのフェース面がくることになります。
そうすることで、ボールが転がる方向(ターゲットライン)に90度にフェース面をセットすることができるのです。

物を見るとき、焦点を合わすには、両目を結んだ先で見るからです。

まずは、真っすぐのショートパットから試してください。
効果があるはずですよ。

「腕の伸び」

00003.jpg

   

 

バックスイングから、トップ・オブ・スイングで、左腕がスッと伸びていれば、見栄えもよくカッコいいフォームになることでしょう。
フォロースルーで、右腕がスッと伸びていると、これも華のあるフォームに見えます。

誰でもこんなフォームになりたいですね。ここでちょっと考えてみましょう。

 「伸びている」と「突っ張る」

の違いです。

よく、ゴルフ雑誌などに、バックスイングでは、 

「左腕をまっすぐに伸ばして!」

と説明があったりしますが、柔軟性により、大きく個人差があることを理解してください。
無理に伸ばそうとすれば、キツくなって、ボールを捕らえる感覚がなくなってしまうでしょう。

ですから、左腕の「伸び」はある程度の妥協が必要です。
フォロースルーでの右腕も「ピーンと伸ばして!」も同様です。

年齢や、資質により、この「張りや伸び」には大きな個人差があることを考慮して私は各生徒さんのスイング作りをアドバイスしています。
何でもかんでも「伸ばせ!」「突っ張れ!」は、かえってその人の感覚を殺してしまいます。

ゴルフは、こうした自分に合った「妥協」をすると、うまくいく場合が多いです。
もちろん、努力で改善、成長していく可能性のあることは頑張ればいいでしょう。時間、労力、を考慮して、妥協することは妥協すると、ラクに自分のいいものを引き出せます。

遠回りせずに上達もしていけます。ここらへんは、自分で判断するのは難しいので、習っている先生とよく相談して決めるといいでしょう。

斜面の打ち方 「左足さがり」

100_0221.jpg

下り坂になる「左足さがり」です。

写真のような角度のきつい斜面と、
緩やかな斜面とでは、構え方が逆になります。

写真のような、きつい左足さがりでは、
ダウンスイングからフォロースルーにかけてカラダが流れてしまい、
相当の脚力がないと、バランスが保てません。
仮にスイングできたとしても、ほとんどフォロースルーは取れないでしょう。

写真のようなキツイ左足さがりの構え方は、

1.右足体重に構える

2.やや短く持ち、ボールは右足のかかと内側くらいに置く

3.手元は、右足の太ももの前にセット

いつもよりも、2~3番手は下げましょう(数字の大きなクラブを使う)。
非力な方や女性なら、ピッチングくらいがいいでしょう。
ピッチングが8~7番くらいにフェースの角度(ロフト角)が減り、飛距離も出せます。

ほんのわずかな左足さがりでは、身体も斜面に沿って構えます。
よって体重は左足にかかり、両肩を結んだラインが地面と平行くらいになります。

ボールの位置は、真ん中より、1個か2個右寄りに置きます。
もう一つコツは、顔の向きです。

 

どうしてもすくい上げてしまいやすいので左耳をやや下にして構えましょう。
スイングは斜面に沿って。
打ったと同時に歩き出すくらいがいいでしょう。

 

ナイスショットは、良いアドレスから生まれる。

100_0210.jpg 100_0249.jpg

 

ナイスショットは、良いアドレスから生まれます。良いアドレスとは、

「均一感」があり、「限定的」です。

「均一感」とは、いつでも、どこででも、
どんなときでも同じアドレスができるということです。
「限定的」とは、ボールの位置、構えの角度、
腕やグリップの位置がいつも同じところにセットされるということです。

何やらかたくるしく思われるかもしれませんが、
ボールが飛んでいく場所を限定したい、
均一にしたくはありませんか?

そのためには、いつも同じスイングをする必要があります。
カラダの各部位の動きが限定的で均一感がほしい。
それは、ややきゅうくつ感を保つのがコツです。

最初はきゅうくつで狭苦しく感じるかもしれませんが、
きゅうくつ感の中になめらかさを作りましょう。

 

「カップを外して狙う」とは?

100_0227.jpg 100_0228.jpg

 

「さあ、このパットは入れたい」という場面です。

「ボール2個分カップの右を狙ってください」

とアドバイスされました。
私もレッスンをしていて、こういう狙い方のアドバイスをします。

初心者の方の心理として、

「曲がるのはわかっているんだけど・・・・」

どうしても本能的にカップの真ん中を狙ってしまうようです。
写真のように、

「ボール何個分」「カップ何個分」

というような外し方で狙うことをおすすめします。
カップは、その残像をすぐ横にイメージしやすいですし、
ボールも手元にあるので、これもイメージしやすいからです。

カップもボールもだいたい2個くらいまでがイメージできる限界でしょう。
これ以上曲がるラインですと、誤差も増えてきますし、
慣れてないと、なかなかカップから外れて狙っていけません。

現時点で、この「カップを外す」狙い方ができない方は、
2個分くらいまでを射程圏内ととらえて挑戦していきましょう。

それ以上曲がりそうなラインは、2パット狙いで、

「とりあえず打ってみる」

か、上手な人のアドバイスを信じるのが一番でしょう。

 

ラフでどこまでウッドが使えるのか?

 

100_0205.jpg 100_0215.jpg 100_0204.jpg

 

夏になってくると、ラフが深くなってきます。
青々としてるということは、水分もたくさん含んでいるということです。

グリーンまで距離が残っている場合では、
どうしてもフェアウェイウッドを使いたいですね。

しかし、スイング軌道と、フェアウェイウッドの形状上、
ラフには弱いことを知ってください。

写真左のケースでは、腕力のある男性ですと、
力ずくでフェアウェイウッドが使えるギリギリのところでしょう。
3番ウッドは厳しく、5番、7番ウッドでのトライをおすすめします。

真ん中の写真のケースでは、フェアウェイウッドはとても使えないケースです。

よく、「ちょっとでも距離が欲しいから」と、
こんなケースででもウッドを持つ人がいますが、
かえって距離が落ちてしまい、
欲張った代償が大きくなってしまうものです。

真ん中の写真のようなラフでは、
相当な腕力の人でも7番アイアンくらいがやっとで、
女性ですとPWかSWでないと、フェアウェイに出すことすら難しいでしょう。

補足ですが、ラフとは違いますが写真右のような芝がハゲた

「ベアグラウンド」

と呼ばれるライでのフェアウェイウッドの使用にも注意が必要です。

かなりの腕前の人なら、ボールだけをクリーンにヒットして打てますが、
よくダフってしまう人は、このようなライでのフェアウェイウッドの使用は失敗しやすくなります。


ポイントは、構え方にあります。

まず、いつもより、2~3センチ短く持ち、スタンスも狭目にします。
やや左足体重にして、コンパクトスイングで打っていきましょう。

これでも結構飛距離が稼げます。お試しください。

前傾姿勢の決め方

100_0109.jpg 100_0112.jpg 100_0111.jpg

 

倶楽部ゴルフジョイでは、前傾姿勢の作り方を

「3つの基準」

でレッスンしていきます。

クラブは合計13本(パターを除く)使用できます。
一番短いクラブはPW、SWです。
一番長いクラブがドライバー、
真ん中の長さが、6~7番アイアンです。

この3種類のクラブの前傾姿勢をおぼえてしまえば、
残りのクラブは各基準から微調整していけばOKです。

写真左一番短いクラブの前傾姿勢では、

「謝罪の角度」

とおぼえましょう。約40~45度くらいになるでしょう。

真ん中の写真では、

「お礼の角度」

とおぼえましょう。
約30度くらいになるでしょう。

写真右のウッド系の前傾姿勢では、

「会釈の角度」

とおぼえましょう。約20~25度くらいになるでしょう。

各前傾姿勢から、腕をダランと垂らした位置が腕の位置になります。
この倶楽部ゴルフジョイ式アドレスだと、
構えがいつも安定し、モーションの安定も得られるようになってきます。

構え方(チップショット&ピッチショット)

100_0160.jpg 100_0165.jpg

 

グリーン周りで、スコアに直結するアプローチショットの勉強をしましょう。

写真左が、

「下手で投げて転がし寄せるイメージ」

チップショットの構え、

写真右が、

「遠くへ投げてよせるようなイメージ」

ピッチショットの構えです。

チップショットは、スタンスの中央よりも、
ボール位置を右寄りにし、両腕とクラブが作る

「小文字のy


の形を強調させるのがポイントです。
この構えを「ハンドファーストの構え」といいます。

このように構えることで、手首の悪い動きを抑え、またダフりにくくなります。
慣れないと構えにくいものですが、意味と効果をよく理解して実践してください。


写真右は、ピッチショットの構えです。
チップショットよりも、ややスタンスを広げます。

だいたい肩幅よりも少し狭いくらいが良いでしょう。
ここでも「ハンドファーストの構え」は少しゆるめましょう。
ボールの位置は、スタンスの真ん中に置くと良いでしょう。 

PAGE TOP