ホーム>レッスンブログ>初心者用

初心者用

ラフでどこまでウッドが使えるのか?

 

100_0205.jpg 100_0215.jpg 100_0204.jpg

 

夏になってくると、ラフが深くなってきます。
青々としてるということは、水分もたくさん含んでいるということです。

グリーンまで距離が残っている場合では、
どうしてもフェアウェイウッドを使いたいですね。

しかし、スイング軌道と、フェアウェイウッドの形状上、
ラフには弱いことを知ってください。

写真左のケースでは、腕力のある男性ですと、
力ずくでフェアウェイウッドが使えるギリギリのところでしょう。
3番ウッドは厳しく、5番、7番ウッドでのトライをおすすめします。

真ん中の写真のケースでは、フェアウェイウッドはとても使えないケースです。

よく、「ちょっとでも距離が欲しいから」と、
こんなケースででもウッドを持つ人がいますが、
かえって距離が落ちてしまい、
欲張った代償が大きくなってしまうものです。

真ん中の写真のようなラフでは、
相当な腕力の人でも7番アイアンくらいがやっとで、
女性ですとPWかSWでないと、フェアウェイに出すことすら難しいでしょう。

補足ですが、ラフとは違いますが写真右のような芝がハゲた

「ベアグラウンド」

と呼ばれるライでのフェアウェイウッドの使用にも注意が必要です。

かなりの腕前の人なら、ボールだけをクリーンにヒットして打てますが、
よくダフってしまう人は、このようなライでのフェアウェイウッドの使用は失敗しやすくなります。


ポイントは、構え方にあります。

まず、いつもより、2~3センチ短く持ち、スタンスも狭目にします。
やや左足体重にして、コンパクトスイングで打っていきましょう。

これでも結構飛距離が稼げます。お試しください。

前傾姿勢の決め方

100_0109.jpg 100_0112.jpg 100_0111.jpg

 

倶楽部ゴルフジョイでは、前傾姿勢の作り方を

「3つの基準」

でレッスンしていきます。

クラブは合計13本(パターを除く)使用できます。
一番短いクラブはPW、SWです。
一番長いクラブがドライバー、
真ん中の長さが、6~7番アイアンです。

この3種類のクラブの前傾姿勢をおぼえてしまえば、
残りのクラブは各基準から微調整していけばOKです。

写真左一番短いクラブの前傾姿勢では、

「謝罪の角度」

とおぼえましょう。約40~45度くらいになるでしょう。

真ん中の写真では、

「お礼の角度」

とおぼえましょう。
約30度くらいになるでしょう。

写真右のウッド系の前傾姿勢では、

「会釈の角度」

とおぼえましょう。約20~25度くらいになるでしょう。

各前傾姿勢から、腕をダランと垂らした位置が腕の位置になります。
この倶楽部ゴルフジョイ式アドレスだと、
構えがいつも安定し、モーションの安定も得られるようになってきます。

構え方(チップショット&ピッチショット)

100_0160.jpg 100_0165.jpg

 

グリーン周りで、スコアに直結するアプローチショットの勉強をしましょう。

写真左が、

「下手で投げて転がし寄せるイメージ」

チップショットの構え、

写真右が、

「遠くへ投げてよせるようなイメージ」

ピッチショットの構えです。

チップショットは、スタンスの中央よりも、
ボール位置を右寄りにし、両腕とクラブが作る

「小文字のy


の形を強調させるのがポイントです。
この構えを「ハンドファーストの構え」といいます。

このように構えることで、手首の悪い動きを抑え、またダフりにくくなります。
慣れないと構えにくいものですが、意味と効果をよく理解して実践してください。


写真右は、ピッチショットの構えです。
チップショットよりも、ややスタンスを広げます。

だいたい肩幅よりも少し狭いくらいが良いでしょう。
ここでも「ハンドファーストの構え」は少しゆるめましょう。
ボールの位置は、スタンスの真ん中に置くと良いでしょう。 

ドライバーのティアップのちょうどいい高さは?

100_0206.jpg 100_0207.jpg

 

ドライバーのティの高さに迷う人が多いようです。

大まかな目安として、ドライバーのヘッドからボールが半分出るくらいが良いでしょう。
注意点は、「構えたときのヘッドの高さと、当たっているときのヘッドの高さは違う」ということです。

ドライバーを打つと、極端にボールが高く上がってしまう人は、
構えと当たったときの位置が同じくらいだったのです。
つまり、ボールの下半分を打ってしまったわけですね。

今回おぼえていただきたいことは、

「ドライバーでのスイング軌道の最下点は、地面から数センチ上」

ということです。
実際のドライバーのスイングでは、ヘッドが地面に触れることはありません。

コツは、ティの先端1センチくらいの高さがスイング軌道の最下点だということです。
ヘッドを浮かせて構えることをおすすめします。

フラフラして安定感悪そう、と思われるかもしれませんが、
地面を打ってしまうよりもずっと距離が出ますし、すぐに慣れるものです。
よくランも出るようになって、きっと飛距離アップにつながりますよ!

PAGE TOP