ホーム>レッスンブログ>初心者スイングの理論

初心者スイングの理論

斜面からの打ち方 「左足上がり」

100_0211.jpg

登り坂になる「左足上がり」です。

写真の斜面は、かなり斜面がきついです。
こういうケースの場合、斜面に沿って構えると、
バックスイングで体重が大きく右に流れてしまいダウンスイングに移れません。
仮にスイングできたとしても、フィニッシュでひっくり返ってしまうことでしょう。

構え方は、

1.やや左足に体重をかけてバランスを保つ。

2.やや短く持ち、ボールの位置は真ん中。

3.写真ぐらいの斜面では、飛距離も落ちるので、体力にもよりますが、
    1番手から2番手大きなクラブで打ちましょう。

振り方ですが、結果的に左足に体重をかけていますので、
バックスイングはコンパクトにしましょう。

インパクト以降、クラブヘッドが地面に刺さっていきます ので、
フォロースルーは小さくします。
ほとんど、当たったらおしまい、ぐらいでOKです。

無理やり大振りすると、クラブが地面に大きく刺さり、
手首を傷め てしまうことがあります。

また、バランスを崩して、空振りしたり、大きく手前をダフってしまうでしょう。

 

PAGE TOP