ホーム>初めての方へ>レッスンレポート>ハンディキャップってどうやって決めるの?
レッスンレポート

ハンディキャップってどうやって決めるの?

ハンディキャップの簡単な算出方法

 

通常のハンディキャップの算出は、一つのゴルフ場のメンバーになり、

そのゴルフ場で5~10回ラウンドしてスコアカードを提出します。

厳しいコースでは、そのゴルフ場でのクラブ競技でのスコアカードのみ採用ということがあります。

一つのコースで5~10枚のスコアカードを集めるのは困難だと思われます。

 

一般的には、10枚程度の中で、良いスコアカードを数枚チョイスされます。

これもゴルフ場によって異なります。

 

プライベートラウンドの場合、過去10枚のスコアカード(いろんなコースが混じって可)のうち、

上位スコアカード5枚をチョイスすると良いでしょう。

それら5枚の平均スコアを出します。

小数点が出ますが、四捨五入してもしなくても、どちらでも良いでしょう。

 

(例)Aさんのハンデキャップ算出法

95、102、88、93、96

平均スコア=94.8

 

ここでは、四捨五入してみます。

 

95-72(18ホールのパーの数)=23

23に0.9を掛けた数字が20.7となります。

四捨五入して21が、Aさんのハンディキャップということになります。

 

たくさんスコアカードがある方が、より正確な平均スコアのデータになりますが、

5枚の場合は、全部採用、または上位スコアカード4枚などで良いでしょう。

 

この方法は、プライベート的かつ私の見解につき、賛否両論あると思われますが

大筋で合意は得られると思います。

スコアカードがたまっていけば、見直ししていくと良いでしょう。

 

最近は、ゴルフ場のメンバーにならなくても、

JGA(ジャパン・ゴルフ・アソシエーション)に加盟しているコースでのスコアカードなら、

オフィシャルハンデとして対外的に効力のあるハンディキャップになります。

 

PAGE TOP