ホーム>初めての方へ>レッスンレポート>アプローチ、その打ち方では寄りません!
レッスンレポート

アプローチ、その打ち方では寄りません!

~ピンに寄る打ち方、寄らない打ち方~

 

     手首を固定し過ぎたり、必要以上に使ったりするのは、アプローチショットが安定しません。
 

201771902635.jpg

方向性を良くしよう、ちゃんと当てようと意識し過ぎた形

201771902751.jpg

小手先で球を上げようとした形

 

201771903123.jpg

 

思っているより小さな振り幅でパチンとヒットしましょう。




 

201771903440.jpg

 

 

寄るアプローチの弾道は、球は「低く、勢いよく」飛び出します。

 

 

201771903819.jpg

 

 

「寄る打ち方」は、”飛ばない構え”でしっかりヒットする、ことです。

 

 

201771903848.jpg

 

 

小さく構えることが、「飛ばさない構え」になる

 

 

アプローチショットに自信が持てるようになると、
       ショットの調子がよくなることはご存じでしょうか?


アプローチに自信がないと、グリーンを狙うショットで「乗せなくては」とプレッシャーがかかります。
一方、アプローチに自信があると、ショットでは、

「グリーンを外してもアプローチで寄せればいい」

という気持ちになれるので、かなり余裕を持ってスイングできます。
結果的に、グリーンに乗る確率が上がっていくものです。

なかなかリラックスしようと思ってもできませんが、アプローチショットに自信が持てると、自然とリラックスできてきます。

 

  今週の「スコアアップにつながる一言」

20177190100.jpg

 

 

アプローチが上達すると、ショットも上達していける。

 

 倶楽部ゴルフジョイ・オリジナルラウンドレッスン

 パター、アプローチ、バンカー集中レッスンのご案内はこちら ⇒ クリック

 倶楽部ゴルフジョイ代表・ゴルフ上達塾塾長 礎 康之プロフィールはこちら ⇒ クリック

 

 

PAGE TOP