ホーム>初めての方へ>週刊ブログ>アプローチ、その考え方では寄りません!PART1
週刊ブログ

アプローチ、その考え方では寄りません!PART1

アプローチ、その考え方では、寄りません!

寄る考え方、寄らない考え方

倶楽部ゴルフジョイでは、アプローチショットが上達するために必要な4つの考え方をレッスンしています。

それらの考え方をプレーで活かせれば、必ずアプローチが巧くなります。
100切り達成どころか、80台も射程圏内に入れられます。

 

1.「振り幅」だけで距離感を作ろうとしない


アプローチショットは、
 

「振り幅」「インパクトの強弱」(またはスピードの変化)とのミックス
 

で距離感を作っていきましょう。まず、あなた自身の打ち方を、

① 振り幅型

② 強弱型(スピード)

の、どちらのタイプに分かれるかをチェックしてみてください。

20177311830.jpg

振り幅型は、ゆっくりと振る

201773118335.jpg

インパクトの強弱型で距離感をつかむ

 

■ ゆっくり振るタイプなら振り幅型、

■ 速く振るタイプなら強弱型(スピード型)

 

と判断していいでしょう。

もちろん、完全に2つのタイプに分かれるわけではありません。

それぞれのタイプのミックスになる場合がほとんどです。

まずは、大まかにご自分がどちらのタイプかチェックしてみてください。

 

の振り幅型なら、

「膝から膝」

「腰から腰」

「肩から肩」

というように、距離感の目安を身体の部分で決めておくと良いでしょう。

201773118720.jpg

クラブヘッドの重さを感じることです

201773118749.jpg

インパクト付近で特に加速はしない

201773118821.jpg
左右対称の振り幅に

 

振り幅型のポイントは、

等速度でスイング

することです。

スイング中に、スピードの変化がつくと、距離感がバラバラになってしまうからです。

 

の強弱型なら、インパクトの音のイメージで距離感を出す方法がオススメです。

近い距離なら、「トン」

遠い距離なら、「バシッ」

その中間なら「パチン」

といった擬音語イメージなら、最低限3通りの距離の打ち分けができるでしょう。

2017731181037.jpg

 

 

 

球の飛び出しは、意外と速いものです。


ご自分のメインのタイプが判ったら、①と②の配分のイメージをしてみましょう。

振り幅型要素と強弱型要素が、きれいに5:5になるのが理想ですが、偏り過ぎはよくありません。

偏りの最大が、7:3か3:7くらいまでになるように練習をしてください。


これで、アプローチショットの距離感は抜群に良くなります!

 

「スコアアップにつながる一言」 

20177190100.jpg

 

アプローチの距離感は、

「振り幅」と「強弱」のミックスで作りましょう。

 

 

 「パター、アプローチ、バンカー集中レッスンのご案内はこちら ⇒ クリック

 倶楽部ゴルフジョイ代表・ゴルフ上達塾塾長 礎 康之プロフィールはこちら ⇒ クリック

PAGE TOP