ホーム>レッスンメニューを探す>仕事に役立つゴルフレッスン>接待ゴルフのお相手を感激させる「ちょっとした気遣い集」
仕事に役立つゴルフレッスン

接待ゴルフのお相手を感激させる「ちょっとした気遣い集」

スコアカードに名前を書くときは、敬称も入れていますか?


通常は、名字だけを記載するものでしょう。

他人がヒョイとあなたのスコアカードを覗いたときに、

Mr○○、○○様、○○さん、と書いてあると、

その方は大切に扱われている感じがするはずです。

 


お昼休憩の裏技!「時間のゆとり」を差し上げる


ゴルフプレーでのハーフタイムの休憩は、だいたい40~50分と短いです。

前半の9ホールが終わってランチに行く前に、

トイレや着替え等の身支度を済ませる人が大半です。

しかしそこから食事の注文となると、時間的な余裕は、かなり少なくなってきます。

私がレッスンでアドバイスしているテクニックをご紹介しましょう。

朝スタートする前に食堂に上がっていき、

スマホかタブレットでメニューの画像を撮っておくのです。

ラウンドの途中にでも、お相手に見せて注文を伺っておきます。

9ホール終了後、「ランチは私が注文しておきますので、トイレやお着替えをどうぞ」と、

お相手に慌てさせない気遣いを見せましょう。

トイレや着替えを済ませてテーブルに座る頃には、

ちょうどランチが出来上がっているという計算です。

ゴルフ慣れしている人ほど感心するはずです。

 



いざというときに役立つレスキューキットを常備しておく

小物を入れる小さなバッグを持参しておくと何かと重宝します。

お相手がプレー中に、思わず切り傷や、

靴ずれした場合にはバンドエイドを入れておくと助かります。

爪切りは、林や草むらでトゲが刺さったときにも使えます。

その他、安全ピンやタオル、太さの異なるヒモなども携帯しておきましょう。



「あのときのアドバイス、その後も役立っています」とお礼の手紙を

接待ゴルフの後に、お礼状か感謝メールをお送りすることでしょう。

定型分のようなお礼状・メールではほとんど心に残りません。

「あの日の○○さんのアドバイス、仕事の上でも肝に銘じています」

「次のラウンドでも生かしたいと思います」

など、具体的な言葉を入れることで、お相手に印象づけることです。

 

PAGE TOP