ホーム>初めての方へ>初心者系記事>初心者レッスンの実技レッスン詳細
初心者系記事

初心者レッスンの実技レッスン詳細

この講座では、実技レッスンを2つに分けています。

練習場での実技レッスンスイング習得)

コースでの実技レッスン(項目別レッスン&ラウンドレッスン)

 

両方のレッスンを受けていただくことで、

■ まんべんなく
■ 効率的に

上達していただけます。

 

1・練習場での実技レッスン

 

スイング作りの基本をおぼえましょう

良いスイングは、良い構えから生まれます。
良いスイングは、遠くまで飛ばせるし、曲がりません。


しかし、多くのゴルファーが、構えの基本を軽視する傾向にあります。
あなたが、正しい構え方を習得すれば、他人の10倍の速さで上達できます!


あなたは、以下の項目が正しくマスターできるので、カッコいい構えができるようになります。
 

2018319164035.jpg

スイングの要であるグリップの作り方

2018319164120.jpg

体格に適正な姿勢の作り方のコツ

 

201831916420.jpg

スムーズな回転を生みだすスタンス幅

2018319164240.jpg

クラブによって変化する球の位置

 

2018327165531.jpg

ナイスショットを生む構え方(正面)

2018327165646.jpg

ナイスショットを生む構え方(横)

 

 

                 3大角度とは? ⇒ エラーが起きやすい3つのポイントです。

201832717111.jpg

ライ角度
方向性に影響を及ぼす

201832717146.jpg

ロフト角度
球の高さに影響を及ぼす

201832717240.jpg

フェースの向きの角度
方向性に大きな影響を及ぼす

上記3ポイントを、あなた個人に応じて適正化していくので、すぐに良いフォームが習得できます。

 

 

構えは変化するが、スイングの動作は一つ。全てのクラブが、動きやリズム感は同じです。


【バックスイング】 

球との間隔やスイング軌道の傾き(角度)、前傾角度の形の大小といった「度合い」は変化していきますが、形の「種類」は変わりません。

2018327172249.jpg

ピッチングウェッジ

2018327172421.jpg

6番アイアン

201832717251.jpg

ドライバー

 

 【フォロースル―】

バックスイング、ダウンスイング等のスイング動作やスイング軌道の大きさや角度、
スピードの「度合い」は変化していきますが、腕や脚の使い方の「種類」は変わりません。

2018327171326.jpg

ピッチングウェッジ

2018327171356.jpg

6番アイアン

2018327171424.jpg

ドライバー

 

■ 終わり良ければ全て良し

振り切った最後の決めのポーズをフィニッシュと言います。
この姿勢で3秒間静止できれば、必ずナイスショットできるようになります。

女性なら「スイング美人」に。
男性なら「イケメンスイング」と、うらやましがられます。

2018327172729.jpg

フィニッシュ正面

2018327172758.jpg

フィニッシュ横

 

 
 
 

 

 

 

 

■ スイングの理解を深め、上達を早める練習法の一部です。
  個人差に応じて、豊富で楽しいドリルをご用意しています。

 

201831916179.jpg

枠の中で回転しましょう

201832717449.jpg

壁に当たらないように上げていくとOK

2018327174526.jpg

ビーチボールを使って腕の使い方をマスター

2018327174615.jpg

ペットボトルを押しのけながら上げていくと下半身が使える

2018327174926.jpg


 

練習場で、スイング作りのポイントをしっかりと学べます。
あなたは3ヶ月後にはきれいなフォームで、
ナイスショットが打てるようになるでしょう。

 

 

 

2.コースでの実技レッスン

ゴルフ場以外では、芝の上やバンカーから練習する機会はなかなかありません。
マットの上からだけでは、プレーで役立つ感覚を習得するのは難しいでしょう。

当講座では、ゴルフ場で、

■ アプローチショット  ■ バンカーショット
■ パッティング     ■ ラウンド

の4つの項目のレッスンがたっぷり受けられるので、飛躍的に上達が見込めます。

 

1.アプローチショット編(アプローチ専用練習場で)

基本の3種類

グリーンに乗せる前の大半の1打は、アプローチショットになります。
良いスコアは、アプローチショットで決まります。

201832718528.jpg

1.チップショット(ピッチ&ラン)
アプローチショットの基本形になります。

20183271862.jpg

2.ピッチショット
球を高く上げてピタっと止められます。

201832718647.jpg

3.ランニングショット
パターの延長のイメージなので簡単です。

 これらのアプローチショットの基本がしっかり身に付きます。
この時点で、あなたは中級者レベルのアプローチショットができています!

 

2.バンカーショット編(バンカー専用練習場で)

ゴルファーの大半が苦手にしているショットです。
あなたは、苦手意識を持ってしまう前に素早く上達してしまいましょう。

 

2018327181220.jpg

わかりやすいドリルでラクラクマスター

2018327181257.jpg

コツをつかんで、カッコ良く脱出できます

2018327181441.jpg

 


バンカーのミスは、スコアが悪くなる原因のワースト3に入ります。
当講座のレッスンを受ければ、
あなたはラクラクバンカーから脱出できます。

 

 

 

3.パッティング編

飛距離で負けても、スコアを逆転できるのがパッティングです。上達が一番早い項目です。

2018327182436.jpg

長い距離感の合わせ方もバッチリ教えます

201832718256.jpg

この距離が入れば確実にスコアアップです

2018327182656.jpg

 

 

ショットのレッスンはよくありますが、
パッティングのレッスンはなかなか受ける機会がないようです。

 

当講座で、あなたはパットが上手になれます。

 

4.ラウンドレッスン編

レッスン回数をこなすごとに、あなたはグングン上達が感じられるでしょう。
私の20年に渡る初心者ゴルファーへの豊富なレッスン経験は、あなたのご期待を大きく上回ってみせます。
楽しみにしていてください。
 

なぜ、練習場で打てるショットがコースでは打てないのでしょうか?

大きく、2つの原因があります。

2018319165020.jpg

1つは、目標に真っ直ぐに立てないこと

2018327211452.jpg

2つ目は、見た目の恐怖感や雰囲気によるプレッシャー

   当講座のラウンドレッスンでは、これら2つの原因を克服できる方法や秘訣をレッスンしていきます。

「5つの場面」でラウンドの成功パターンをおぼえよう

当講座では、プレーを5つの場面に分けてラウンドレッスンが進んでいきます。
各場面で必要な技術、ルールやマナーをおぼえられます。

.ティグラウンド(第1打目)
.フェアウェイ~グリーン周り
.グリーン周り(アプローチ、バンカー)
.グリーン(パッティング)
.トラブル地帯(傾斜地、林、深いラフ)

201832721434.jpg

第1打目:ティグラウンド

2018327205530.jpg

第2打目~グリーン周りまで

2018327205610.jpg

グリーン周り

2018327205641.jpg

グリーン上

201832720579.jpg

トラブル地帯1

2018327205737.jpg

トラブル地帯2

各場面で必要なこと、できるようになりたいことが効率よく学んでいただけます。
あなたは、すぐにスムーズなプレーができるようになります。
ルールやマナーもしっかりおぼえられます。

3ヶ月後には、どこへ出ても恥ずかしくないプレーができるでしょう!

 

3ヶ月後、あなたは一人前のゴルファーに 

2018327184354.JPG

 

あなたは「どうして、そんなに速く上手くなれたの?」
と聞きまくられるでしょう。

当講座をマスターして、あっという間に一人前のゴルファーになり、
周囲を驚かせてやりましょう。

 

私が、あなたを3ヶ月で一人前のゴルファーにしてみせます!

 

 

 

PAGE TOP