ホーム>レッスンブログ>初心者スイングの理論

初心者スイングの理論

グリップがスイングに及ぼす影響

78654.jpg

よい動きをするためには、正しいグリップを身につけましょう。

画像左は、「フックグリップ」と呼ばれる握り方です。
右手を、グリップの下から握りこむ形です。ボールを強く叩こう!とする気持ちの表れです。

ボールは、急激に右方向に飛んでいくか、ちょっとゴルフ暦がある人は、手首を返すため、低く左に飛んでしまうか、のどちらかのボールになりやすいです。

画像右は、右手甲が上を向いている「ウィークグリップ」と呼ばれます。
右腕が突っ張ってしまい、どうスイングしてもボールは右にしか飛びません。

画像真ん中が、「スクエアグリップ」と呼ばれる形です。
両手の平が向かい合って握られ、インパクトの瞬間に真っすぐにボールをとらえやすいグリップです。

正しいグリップは、慣れないとかなり違和感があるようです。
しかし、最初は振りにくくても、辛抱して練習し続ければ、後々必ず「よかったぁ~」と思うでしょう。

グリップは、静止しているときは、わからないものですが、一端動き出したら、クラブフェースの動きはなかなかコントロールできません。
違和感を嫌がらずに、正しいグリップを身につけてください。

ゴルフスイングを考える(問題形式)

問題集を作ってみました。

回答は、最後に記しますので、
ちょっと考えてみてください。

ゴルフスイングとは、

   【 1 】    【 2 】

をミックスしたような動きです。


キツイ!苦しい! (「何となく」キツイと感じるくらいでは、「本能的に避ける」に負けてしまい、ラクな動きに逃げてしまうのが普通)


        ↓

本能的に【 3 】を避けるものです。


     ↓

ゴルフスイングとは、【1】と【2】をミックスしたような動き。
「きつくて苦しいのは当然なんだ」



と、理解・納得することで、


あなたの【 4 】は、苦しさを受け入れるのものです。


少しでもキツさや苦しさを和らげるには、
毎日数分のゴルフ用ストレッチと、日頃の摂生が大切です。

基本としての正しいスイングの動きを知識として知っていることも大事です。

ゴルフの正しい動きは、【 5 】感があるものです。
ゴルフの動きは、日常生活にはない感覚ということを認識しましょう。



回答:

 

1.スクワット、2.ストレッチ、3.正しい動き、4.無意識、5.違和

ドライバーのティアップのちょうどいい高さは?

100_0206.jpg 100_0207.jpg

ドライバーのティアップの高さに迷う人が多いようです。

大まかな目安として、

ドライバーのヘッドからボールが半分出るくらいが良いでしょう。


注意点は、

「構えたときのヘッドの高さと、当たっているときのヘッドの高さは違う」

ということです。



ドライバーを打つと、極端にボールが高く上がってしまう人は、

構えと当たったときの位置が同じくらいだったのです。

つまり、ボールの下半分を打ってしまったわけですね。

今回おぼえていただきたいことは、

「ドライバーでのスイング軌道の最下点は、地面から数センチ上」

ということです。

 


実際のドライバーでのスイング中は、

ヘッドが地面に触れることはありません。


コツは、ティの先端1センチくらいの高さがスイング軌道の最下点だということです。

ヘッドを浮かせて構えることをおすすめします。

フラフラして安定感悪そう、と思われるかもしれませんが、

地面を打ってしまうよりもずっと距離が出ますし、すぐに慣れるものです。

よくランも出るようになって、きっと飛距離アップにつながりますよ!

 

フィニッシュ

finisyu.jpg

 

クラブの動き

 クラブヘッドが地面を指
すイメージ。
できるだけ前傾姿勢を保ち、背骨とシャフトが直角になるように振りぬきたい。

カラダの動き

斜め目線でボールを追いたい。

フォロースルー2時

foro-2.jpg

クラブの動き

グリップエンドは目標を指し、シャフトは左肩にかつぐように。

身体の動き

おへそは完全に目標を向きますが、胸は目標の30度くらい右をむいているのがいいでしょう。

右の靴は完全に裏が見えるまで回し、両膝はぴったり付けましょう。

フォロースルー4時の位置

downn4.jpg

クラブの動き

インパクトは、通過点であり、止まって考えるエリアではないので、今回は省略しました。

 

4時の位置は、ダウンスイングの8時の位置と左右対称が理想。
グリップエンドは、おへそを指しています。ヘッドは、ターゲットラインのやや内側で、ヒザの高さくらいです。

身体の動き

ヘッドと左首筋が一瞬引っ張り合う感じがすれば、ヘッドスピードがかなり上がるでしょう。
 

ダウンスイング8時の位置

112233.jpg

クラブの動き

グリップエンドは、オヘソを指しています。
クラブヘッドは、ターゲットラインのやや内側にあり、
ヒザの高さにあります。

カラダの動き

おへそは正面よりやや目標側まで回っています。
この一瞬、お腹をへこませるイメージがあると、伸び上がりが防げます。

右肘と右脇がリンクしながら、右足を思い切り目標側に回しましょう。

ダウンスイング9時の位置

0009.jpg

クラブの動き

グリップエンドは、ほぼターゲットライン上を指します。
イメージ的には、ターゲットラインより、手前側を指すようにしましょう。
バックスイングで作ったコックを戻してダウンスイングしていくことも忘れないようにしてください。(アンコックする)

このタイミングが難しく、トップしたり、ダフったりしながら、最適なタイミングを探っていってください。


身体の動き

おへそと両ヒザは、もう正面を向いています。肩はできるだけ戻さずに我慢です。(実際は戻ります)
お腹を減っこます意識だとうまくいくでしょう。

アゴを浮かせるのは厳禁。
切り返し(バックスイングからダウンスイングへの一瞬の折り返し地点)で、「うなずく」ようにアゴを絞めるとコツがつかめるでしょう。

トップの位置(10時)

1222222.jpg

クラブの動き

正面から見た場合、シャフトの角度は、

「地面と45度くらい」

がおすすめです。
飛級線後方から見た場合、シャフトは、

「左腕と一直線から、飛球線と平行までの範囲」

にあればいいでしょう。
(画像では、左腕とシャフトは一直線です)

カラダの動き

■腰の回転は45度くらい
(背中より、お尻が目標を向くくらい)


■肩は90~100度くらいの回転

が理想です。
左腕は、無理してピンと突っ張らず、
「自然に」伸びているがおすすめです。

腹筋と両ももに力を込める意識があれば、上体は脱力しやすいでしょう。

左腕は、右肩と右耳の間に位置し、右肘は真下を指しましょう。

バックスイングPart2(9時の位置)

1212121.jpg

クラブの動き

左腕とシャフトの角度は約90度。
コック(クラブを立てる)はすでに完了。


8時の位置から9時に上がる途中でコックをすると、実際にはかなり遅れてしまい、9時でコックが完了しないものです。
バックスイングスタートと同時にコックをしていくぐらいでちょうどいいでしょう。

グリップエンドは、ほぼターゲットライン上(飛球線)を指す。
シャフトは、右肩を横切っていく。地面から45度くらい。


カラダの動き

左腕は、ターゲットラインにほぼ平行にしましょう。
インサイド(背中側)に引きすぎると、地面を叩きやすくなります。

だんだんウエストがきつくなってきますので、前傾姿勢のキープを心がけましょう。
おへその動きをイメージしてもいいですが、お尻の動きも同じ(反対側として)なので、イメージしやすいほうでいいでしょう。

PAGE TOP