ホーム>レッスンブログ>2011年9月

2011年9月

大型練習場とインドア練習場の違い、メリット&デメリット

 

よく質問を受けるのが、「大型練習場とインドア練習場のどちらが効果的?」です。

たとえば、ゴルフスクールでは、大型練習場とインドア練習場の2つに分けられます。

どちらも、一長一短ですが、双方のメリット・デメリットという点を知るといいでしょう。

メインをどちらかに決めて、時々違う方で練習する、といった具合です。

 

私は、ふだんインドアをメインにレッスンしていますが、

月に1、2回は大型練習場に行くことをおススメしています。

 

メリット・デメリットをアドバイスしましょう。

インドアレンジのメリットは、

1.飛距離を気にすることなく、フォーム形成に専念できる。

2.飛距離は出せないので、アプローチや、小さい基本スイングに専念できる。

3.冷暖房完備だと、練習しやすい。

 

一方デメリットは、

 1.距離感がつかみにくく、曲がっても判らない。 

2.クラブ別の弾道の高さがわかりにくい

3.開放感が低いので、飽きやすい。

などでしょうか。

 

大型レンジのメリットは、

1.弾道の方向性、距離感がつかめる

2.「こんな風に飛んでいく」というイメージがつかめる。

3.爽快感がある。

 

デメリットは、

1.飛距離にこだわり過ぎて、荒っぽいフォームになりやすい。

2.暑さ、寒さにやる気が影響されやすい。

3.都心だと、料金が高い。

 

その他にも、たくさん挙げられますが、こんなところでしょう。

それぞれのメリットを生かして、バランスよく練習してください。

 

ゴルフの上達のためには、ゴルフ環境を整えることです。

1.自宅から、または通勤途中に通えるか。

2.目的に合っているか(大型かインドアか)。

3.レンタルクラブの充実。

などを総合的に判断して、定期的に通えることが、一番の上達につながります。

PAGE TOP