ホーム>レッスンブログ>初心者スイングの理論>グリップがスイングに及ぼす影響
初心者スイングの理論

グリップがスイングに及ぼす影響

78654.jpg

よい動きをするためには、正しいグリップを身につけましょう。

画像左は、「フックグリップ」と呼ばれる握り方です。
右手を、グリップの下から握りこむ形です。ボールを強く叩こう!とする気持ちの表れです。

ボールは、急激に右方向に飛んでいくか、ちょっとゴルフ暦がある人は、手首を返すため、低く左に飛んでしまうか、のどちらかのボールになりやすいです。

画像右は、右手甲が上を向いている「ウィークグリップ」と呼ばれます。
右腕が突っ張ってしまい、どうスイングしてもボールは右にしか飛びません。

画像真ん中が、「スクエアグリップ」と呼ばれる形です。
両手の平が向かい合って握られ、インパクトの瞬間に真っすぐにボールをとらえやすいグリップです。

正しいグリップは、慣れないとかなり違和感があるようです。
しかし、最初は振りにくくても、辛抱して練習し続ければ、後々必ず「よかったぁ~」と思うでしょう。

グリップは、静止しているときは、わからないものですが、一端動き出したら、クラブフェースの動きはなかなかコントロールできません。
違和感を嫌がらずに、正しいグリップを身につけてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/443

コメントする

PAGE TOP