ホーム>レッスンブログ>中・上級者用>スイング理論

スイング理論

何でこうなっちゃうの??シリーズ  VoI.1

長いクラブを打った後、短いクラブが打てなくなるのはなぜ?

 

今回から、ゴルフで起こる、

何でこうなっちゃうの??

を、シリーズとして取りあげ、

アマチュアゴルファーの方が悩んでいる問題を解説していきましょう。

 

 

「よくこうなっちゃうんです(涙)!」

練習場でウッド系などの長いクラブをしばらく打った。

その後、短いクラブに替えてみたところ、急に当たらなくなってしまった!

何でこうなっちゃうの??

と、よく質問されます。

 

ラウンドでも、1打目にウッド系の長いクラブを打ちます。

せっかく1打目がナイスショットなのに、短いクラブで打つ(一般的には)2打目が凡ミスだと、ガッカリきてしまいますよね。

 

こうなってしまうのは、

「構え方」

に原因が隠されていることがほとんどです。

 

原因・考えられること

 

1.ライ角度と前傾姿勢の関係

 

例えば、ドライバーと7番アイアンとでは、ライ角度が変わります。

さらに、前傾姿勢(角度)も、両者で大きく変わるので、
先に打ったクラブのいろんな角度を、体がしっかり記憶してしまっています。

真剣に打てば打つほど、記憶の定着度合いは強いでしょう。

そうなると、良くも悪くも、

 

「構えの基準」

 

ができてしまうのです。

その後クラブを替えたが、その基準も変えられなかったのが、
急に打てなくなってしまった大きな原因だと考えられます。

基準とは、言い換えれば、

 

「そのクラブでスイングした感覚やフィーリング、反応などの記憶」

 

のことです。

 

 

2.スイング軌道の変化

 

ドライバーは、高くティアップをしています。

2打目以降の、直接地面に接地している球を打つスイング軌道と、
高くティアップされた球を打つドライバーのスイング軌道との、
両者の最下点は大きく違ってきます。

さらに、スイング軌道の円周(スイングプレーン)の傾きの角度が変わってきます。

 

3.球との距離、間隔の関係

 

クラブが短くなるので、球との距離が急に近くなり、
「見え方による感覚の反応の違い」が考えられます。

 

4.クラブによって、スタンス幅と球の左右の位置が変わってくる

 

スタンス幅を広く取ったドライバーで、
ダイナミックに体を回転させたイメージやフィーリングの名残りが、
スタンス幅をドライバーよりは狭くする短いクラブに、
そのまま引き継がれてしまったことが考えられます。

球の位置も変わってくるわけですから、見え方や目線も変わります。

 

いずれにせよ、前に打ったクラブでの体の角度や、反応・感覚が基準となり過ぎ、
クラブの変化に、次のショットの構えや、スイング動作が対応しきれなくなっている。

 

 

練習法・解決策

 

■ 好きなクラブやよく練習しているクラブ

■ 一定時間練習していたクラブ

 

先に述べたように、上記2点が、構え方の主な基準になっているものです。

基準は大切ですが、「基準が固定(限定)」になってしまいやすいのが、このテーマの難しいところです。

 

クラブの変化に柔軟に対応できるために、基準となるクラブは、三種類あるといいでしょう。

オススメは、

 

■ ピッチングウェッジ

■ 7~6番アイアン

■ ドライバー

 

でいいでしょう。
クラブの長さ的に、ちょうど長、中、短でバランスがいいからです。

練習場では、

 

□ 長から短

□ 長から中

□ 短から長

 

と、1打1打クラブを替えることで、先に述べた前傾姿勢や球との距離などの変化に慣れていきましょう。

 

 

まとめ

 

クラブの構造や構え方、スイングの、

「こうすれば、こういう理由で、こういう結果になる」

という理論や法則を理解しましょう。

全てのクラブが「基準」となり得て、全てのクラブで迷わないで構えられ、
ナイスショットが打てるようになるでしょう。

 

こちらもご覧ください                 
 downwardleftクリック!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

100切り達成を可能にするスイング作り

”パワーを逃がさない”スイングを作る

 

ゴルフ雑誌などの特集では、

 

もっと飛ばせるスイングを作ろう

 

などの、

 

「力をかける、加える」

 

という視点からのレッスン記事をよく見かけます。

“飛ばし系”のレッスンは、やはり人気の高い項目でしょう。

しかし、私のスイング作りの持論として、

 

力を逃がさない

 

 という視点も持つべきだと考えています。

たくさん売り上げても、「経費もたくさんかかる」のでは、
練習や努力が大して報われません。

 

 

「力をかける」から「力を逃がさない」スイング作り

 

スイング作りにおいて、

 

「力を逃がさない」

 

 という逆の視点は、あまり見かけないものです。

いくら力を込めても、同時に力を逃がしてしまっては、元も子もありません。

 

力が逃げてしまうポイントを3点挙げてみます。同時に、ここを意識すれば、

 

「力を逃がさない」    

   ↓

「力をためる」

   ↓

「力をかける」

 

 ことにもなります。

 

まず、

 

①  アゴと肩の間から

 

ここを締めて振り抜かないと、手足は突っ張ってしまい、力が逃げてしまう。

 

  両ヒザの間(ヒザが割れる)

 

フィニッシュで、両ヒザの間が空いていると、
スムーズに身体が回転できず、飛距離も方向性も満たされない。
やや内股にしてフットワークすると、両ヒザの間隔が開かずに、キレのあるターンできる。

 

③   両つま先

 

バックスイングでは、右足親指が浮かないように。

フォロースルーからフィニッシュにかけては、左爪先が目標方向に向くまでズレないように。なるべく左足親指も地面から離れないように。

 

 

練習場で試してみよう

 

練習場で簡単に試せるドリルをご紹介しましょう。

写真のように、左足爪先外側にゴムティに乗せた球を置いて打ってみてください。

球が落ちないように打てれば合格です。

 

足首が硬い人は、球を落としてしまうか、ターンが不足して振りきれないことでしょう。

球を落とさずにフィニッシュまで振りきれると、

インパクトゾーンがかなり安定してくるのが実感できます。

 

練習前に、左右の足首をしっかりストレッチしてください。
ケガの予防にもなります。

コースではペットボトルで代用してもいいでしょう。

ただし、ルール的には不可です。

プライベートのラウンドのみで試してみてください。

 

 

「力、パワー」というと、とかく筋力アップと考えがちですが、

力を逃がしてしまうのは、筋力不足というよりも、むしろ、

 

■柔軟性不足

■バランス力の不足(フラつくことで形が崩れる)

 

だと私は考えています。

ゴルフスイングの動きは、日常生活ではなかなか取らない姿勢であり、

かなりの違和感があるものです。

 

柔軟性が不足していると、スイングの正しい動作を取ると、

ちょっと苦しいので、どうしても適正な形をキープできません。

そこから、スイングのパワーが逃げてしまうのです。

 

私は、飛んで曲がらないスイング作りに必要なポイントとして、

 

1.柔軟性

2.バランス

3.筋力

 

の3点であり、この順番だと考えています。

 

まとめ

 

飛んで曲げないスイングを作るためには、

 

■力を逃がさない

■そのために、柔軟性を維持・アップする ことが最優先

 

です。ボールを打つこと以上に、ゴルフスイングに必要なストレッチを習慣化することをおススメします。
ここでは、ストレッチの方法は省略しますが、違う機会にお話致しましょう。

 

練習は、ボールを打つことがやっぱり楽しいものです。
しかし、ボールを打つことと同等以上に、ストレッチを習慣化することで、
必ず、あなたのゴルフスイングのレベルは向上します。

上記にご紹介した練習法をぜひ試していただき、飛距離アップをはかってください。

 

こちらもご覧ください                 
 downwardleftクリック!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!
 
 
 
 

練習マットでのアイアン上達法

111100.jpg 111102.jpg

 

練習マットでのアイアン上達法

 

冬になると、芝が薄くなり、アイアンで上手に球を捕らえるのが難しくなります。
夏の芝は、茎が長いので、ボールの少々手前からアイアンヘッドが入っても、なんとか打ててしまうものです。

冬の芝だとどうしてもダフってしまう・・・・・。
練習場のマットを利用して、アイアンの正しい打ち方をマスターしましょう。

初級編は、画像左のようなセットをしてみましょう。
もし、ボールの手前をダフッたら、マットが動きます。軽く動く程度ならOK。ボールをクリーンに捕らえる感覚が養えます。

上級編は、画像右です。
マットの右端にボールをセット。アイアンのヘッドが1個置けるだけのスペース(2、3㎝位)を空け、そのすき間をダフらずに打っていきます。

この練習法は、ダフるとマットがめくれて、手首を傷める場合もありますので、自信のない方にはおすすめできません。

しかし、この上級編がマスターできると、どんなライからでも打てるようになり、ボールがグリーンに着地してからピタッと止まるボールも打てるようになるでしょう。

スイング軌道の最下点を知りましょう。

 

初心者ゴルファー上達塾1

 

cimg0119.jpg cimg0121.jpg cimg0120.jpg

 

画像左は、ドライバーでナイスショットしたときの、ボールとフェースの当たり場所です。
ティーの高さは、地面からだいたい3~5センチくらいでしょう。

実際、ティーは、ドライバーのフェースに1cmくらいしかかかりません。

ということは、スイング中、ボールをとらえた瞬間は、ドライバーヘッドは、地面から4、5センチは浮いていることになります。

ボールをとらえた瞬間と位置(インパクト)を、スイング軌道の

 

「最下点」

いいます。

常に、最下点を意識しながらスイングしましょう。

ドライバーは、スイング中、1回も地面に触れません。
よく、素振りで、ボールと地面の接触点を探りながら振っている人がいますが、ミスするための素振りになっています。

ドライバーの素振りは、30センチくらい浮かして振りましょう。
素振りはなるべく水平に近い角度で振る方が、右に飛ぶのを防げます。

 

 

以下の充実したレッスンメニューもご覧ください

1.パター、アプローチ、バンカー専門レッスン 
⇒ クリック

100切りには必ず必要なテクニック満載
 

2.プライベート・マンツーマンレッスン   
⇒ クリック

超ぜいたくな、あなた一人のためのレッスン
 

3.まずは1DAYお試しレッスン
⇒ クリック

 

4.スイング診断・改良レッスン        
⇒ クリック

”イケメンスイング” ”スイング美人” になれます!

 

あなたの100切り達成を応援します!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

 

 

 あなたのゴルフを飛躍的に上達させる情報が満載です

※お問い合わせ・お申込は、

info@club-golfjoy.com

 

 

PAGE TOP