ホーム>レッスンブログ>webレッスン

webレッスン

レッスンメニューとお問い合わせ

 

※お問い合わせ・お申込は、

info@club-golfjoy.com

 

以下の充実したレッスンメニューもご覧ください

1.パター、アプローチ、バンカー専門レッスン 
⇒ クリック

100切りには必ず必要なテクニック満載
 

2.プライベート・マンツーマンレッスン   
⇒ クリック

超ぜいたくな、あなた一人のためのレッスン
 

3.まずは1DAYお試しレッスン
⇒ クリック

 

4.スイング診断・改良レッスン        
⇒ クリック

”イケメンスイング” ”スイング美人” になれます!

 

あなたの100切り達成を応援します!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

 

 

 あなたのゴルフを飛躍的に上達させる情報が満載です

※お問い合わせ・お申込は、

info@club-golfjoy.com

 

 

ドライバーの飛距離アップには何が必要?効果的な方法をご紹介

0074.jpg
ゴルフを始めてみたものの、飛距離アップできないと悩んでいる方も多いでしょう。
どんどん飛距離を伸ばして、ゴルフ仲間にうらやましがられたいものです。

この記事では、ドライバーの飛距離アップをするためのコツをご紹介します。
飛距離アップをしたい方に必読の内容です。
 

ドライバーの振り方や身体の動きを見直して、飛距離をアップさせよう

最初にスウィングを見直してみましょう。
悪いスイングは、上半身に力が入りがちです。

正しいスウィングを以下で詳しく解説します。
 
 

バックスイング~トップの位置で、肩、腰のひねりを意識する。

0072.jpgのサムネイル画像

飛ばすために、勢いをつけることだけを考えていないでしょうか。必要以上に勢いをつけようとすると腕だけに力が入ってしまいます。それでは強力なパワーは生まれません。

意識すべきは、肩と腰のねじれです。ドライバーを振り上げた時に、肩は90度、腰は45度回転していることがポイントです。左肩の位置が顎の真下に位置するのが目安となります。

トップの形を正面から見た場合、右ヒザ、左肩、顎が縦一直線になっていると、飛ばせるためのパワーが溜まっています。

 

ドライバーを振り下ろす時に、左腰を後ろに引く

ドライバーを振り下ろすとき(ダウンスイングの始まり)は、左腰を身体の後ろに引くことを意識しましょう。ヒップターンと呼ばれるこの動きは、飛距離アップにとても大切な要素です。この動きによって、下半身リードになり、自然と身体の重心が適切な位置に移動します。
 

インパクトの際、顔の位置に気をつける

0073.jpgのサムネイル画像

ドライバーをボールに当てた(インパクト)時、身体の目標側への移動につられて、顔がボールの位置より左側にある状態になるのはNGです。
インパクトの際には必ず、頭の位置はボールより右側に留まるように意識してください。力の支点が崩れないようにするためです。

勢いで上体がボールの進行方向に移動してしまうと、ドライバーがボールを上からたたくことになるため、高さが出なかったり、大きく右に曲がったりしてしまいます。

下半身の動きを意識する

構えてから、インパクト~フォロースルーまでは、両膝の角度はできるだけ崩さないようにしましょう。
スクワット的な感覚がすることでしょう。振り切った最後のフィニッシュで左ひざが伸びますが、
意識して伸ばそうとする必要はなく、むしろ少し曲がっているくらいの意識がおススメです。
 

ドライバーの握り方

飛ばすには、ソフトに握るのがコツです。ソフトに握るとクラブの重さを感じることができます。この感覚が飛ばしの元になります。コツを紹介しましょう。
これ以上強く握れないくらいを10とする。
クラブが手から落ちるくらいを0とする。
10と0を目安にし、2~3の強さが適正な強さ。
です。2~3だと、クラブの重さがよくわかります。
バックスイングからトップ・オブ・スイングまでは、クラブの重さを感じておく冷静さを保ちたいところです。
 
注意点は、ソフトに握ることは、手の中でグリップがグラついてしまうということではありません。
ダウンスイングからは、遠心力が働いてくるので本能的に強く握ろうとすることに任せましょう。
インパクトの瞬間は、誰でも強く握っているはずです。
 

ゴルフスウィングの軌道を意識して飛距離アップをする

次に、ボールを上手く打てるスイング軌道についても確認していきましょう。
 

ボールは、インサイドから打つこと

クラブヘッドは、球のややインサイドから打つようにしましょう。
インサイドとは、球を基点に自分側の空間のことです。
ややインサイドから球を打てるようになると、スイング軌道が安定し、
スウィングにパワーがでます。また、ミート率も上がります。
 

アッパーブローで打つ

0075.jpgのサムネイル画像

ロフト角が大きくなると、ボールは高く上がります。
ドライバーのロフト角は9度~10度がよいでしょう。
「アッパーブローで打つ」とは、クラブヘッドがスイング軌道の最下点を過ぎて、上がり際で球をとらえることを言います。

そのため、ドライバーは高めにティアップをして、球の位置を左寄りに置くのです。このあたりの技術は、指導者の説明を受けながら練習するのがベストです。

 

ゴルフでさらに飛距離アップさせるために

これまで技術的な話をしてきました。
ここからは、さらに飛距離アップするために並行してやっておくべきことを解説します。
 

筋トレとストレッチをする

0076.jpgのサムネイル画像

飛距離アップには筋トレが効果的です。ゴルフのスウィングは、腕や手だけでなく、身体全体を使うことで飛距離アップにつながるからです。

全身バランスよく筋肉を鍛えるのが大切ですが、とくに体幹や下半身、背筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。

しかし、柔軟性も同時にアップしておかないと、スイング的に正しく体を動かしにくくなります。

 
0077.jpgのサムネイル画像

現実的には、筋トレとストレッチの時間的余裕は無いかもしれません。
そんな場合はストレッチを優先させましょう。
筋トレは、ジムに通うまでは必要なく、自宅でスクワットや腹筋・背筋をすれば充分です。

ストレッチは、
首と肩のねじれ差
股関節の可動域を広げる
手首や足首の可動域を広げる
の3点をやっておくだけで充分です。
念入りに取り組んでみたい方は、ネットで、ゴルフのストレッチで検索すればたくさん掲載されているので参考にしてみてください。
 
 

自分に合ったドライバーを選ぶ

ドライバーを選ぶポイントとしては、シャフトの重さを意識するとよいでしょう。
もともと力のある人は、軽いシャフトだとやりづらく感じてしまうでしょう。
一方で、力のない人がシャフトの重いドライバーを使用しても、身体の重心が安定しません。
年齢によっても、適切なシャフトの重さは変わります。
 
また、自分のヘッドスピードに合ったシャフトのフレックス(硬さ)を選ぶことも重要です。
フレックス表記はR、SR、S、X…といった記号がありますが、メーカーやモデルごとに基準が違います。
購入の際に、自分の年代に合ったメーカーやシャフトを店員に相談するのがよいでしょう。
 

ゴルフスクールに通うのも1つ

ゴルフスクールでは、プロが1人ひとりに合った適切なアドバイスをしてくれます。
技術面だけでなく、専門的な知識をたくさん吸収できるため、本気でゴルフを楽しみたい方にはおすすめです。
 

まとめ

0043.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

飛距離アップは、ゴルフを経験した人あれば、誰もが望むことです。正しいスウィング、姿勢、筋トレなどを意識することによって、確実に飛距離は伸びていきます。

目標が達成できれば、さらにゴルフが楽しくなり、
充実したレジャーとなっていくでしょう。

「倶楽部ゴルフジョイ」では、少人数で丁寧なゴルフレッスンをしております。飛距離アップも含めたゴルフの上達を目指している方は、お気軽にご相談ください。

 

4種類の基本スイング:10時~2時(スイング形成版)

100切り達成上達塾 ~すぐに100を切るために~/~二度と100は打たないために~

スイングは、ターゲットラインをガイドラインにして作る 4

練習場のマットは、直角や平行のモノがたくさんあるが、芝の上には??

 

■ 腕が10時~2時の振り幅のスイングの要点

※ ターゲットラインがわかるように、クラブを置いて示しています。芝の上では、イメージしなければなりません。

 

2019126213932.jpg

バックスイング10時の位置と形①

■ 左腕は、肩と耳の間くらいに上がっていく

■ 右膝は流さず、右靴はめくれないこと

 

201912621407.jpg

バックスイング10時の位置と形②

■ 右ひじは直角にたたまれ地面を指す

■ 体重移動は完了している

■ 左膝は右膝に寄せていく

 

2019126214441.jpg

バックスイング10時の位置と形③

■ 右肩と左ひざが一直線になるのが理想

■ 頭は少し右にスライドするのが正常

 

201912621455.jpg

バックスイング10時の位置と形④

■ アゴの下に左肩が入っている

■ 左腕は無理に突っ張らず、ゆとりがほしい

 

2019126214831.jpg

フィニッシュ2時の位置と形①

■ まだ前傾角度は維持している

■ 特に目線は斜め目線(視界)のまま

 

201912784414.jpg

フィニッシュ2時の位置と形②

■ 左ひじはスムーズにたたんでいく

■ 両肘の間隔は構えたときと同じが理想

 

201912784456.jpg

フィニッシュ2時の位置と形③

■ 上半身は左に傾いている

■ アゴと右肩にすき間が空くとヘッドアップ

 

201912784546.jpg

フィニッシュ2時の位置と形④

■ 両ひざはピタッとくっついている

■ ここにすき間が空くとスムーズに回転できない。

 

スイングの4分の3は完成

9時~3時のフォームがマスターできると、10時~2時のフォーム以降は惰性です。
10時の位置は、9時からもうひとひねりです。
トップの位置は、10時までで完了と考えていいでしょう。

柔軟性がある人は、もう少し上げていっても構いません。

 

以下の充実したレッスンメニューもご覧ください

1.パター、アプローチ、バンカー専門レッスン 
⇒ クリック

100切りには必ず必要なテクニック満載
 

2.プライベート・マンツーマンレッスン   
⇒ クリック

超ぜいたくな、あなた一人のためのレッスン
 

3.まずは1DAYお試しレッスン
⇒ クリック

 

4.スイング診断・改良レッスン        
⇒ クリック

”イケメンスイング” ”スイング美人” になれます!

 

あなたの100切り達成を応援します!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

 

 

 あなたのゴルフを飛躍的に上達させる情報が満載です

 

4種類の基本スイング:9時~3時(スイング形成版)

100切り達成上達塾 ~すぐに100を切るために~/~二度と100は打たないために~

スイングは、ターゲットラインをガイドラインにして作る 3

練習場のマットは、直角や平行のモノがたくさんあるが、芝の上には??

 

■ 腕が9時~3時の振り幅のスイングの要点

※ ターゲットラインがわかるように、クラブを置いて示しています。芝の上では、イメージしなければなりません。

 

2019126212452.jpg

バックスイング9時の位置と形①

■ グリップエンドの延長はターゲットラインを指す指す。

 

2019126212515.jpg

バックスイング9時の位置と形②

■ 右膝は左膝に寄せていき、

■ 身体のねじれねじれが強まっていく

 

2019126212554.jpg

フィニッシュ3時の位置と形①

■ 右膝はかなり送り込まれていく

■ 右足かかとも、だんだん上がっていく

 

2019126212613.jpg

フィニッシュ3時の位置と形②

■ 9時の位置と対称

■ グリップエンドエンドはターゲットラインを指す

 

通称はハーフスイング

9時~3時のフォームがマスターできたら、スイング作りの要点はほぼマスターしたことになります。
PWや7番アイアンで取り組むと良いでしょう。
応用編として、高めのティアップでクリーンにインパクトしてみます。
スイング軌道の最下点や適正な入射角がわかります。
練習の半分くらいは、この練習に充てましょう。

 

以下の充実したレッスンメニューもご覧ください

1.パター、アプローチ、バンカー専門レッスン 
⇒ クリック

100切りには必ず必要なテクニック満載
 

2.プライベート・マンツーマンレッスン   
⇒ クリック

超ぜいたくな、あなた一人のためのレッスン
 

3.まずは1DAYお試しレッスン
⇒ クリック

 

4.スイング診断・改良レッスン        
⇒ クリック

”イケメンスイング” ”スイング美人” になれます!

 

あなたの100切り達成を応援します!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

 

 

 あなたのゴルフを飛躍的に上達させる情報が満載です

 

4種類の基本スイング:8時~4時(スイング形成版)

100切り達成上達塾 ~すぐに100を切るために~/~二度と100は打たないために~

スイングは、ターゲットラインをガイドラインにして作る 2

練習場のマットは、直角や平行のモノがたくさんあるが、芝の上には??

 

■ 腕が8時~4時の振り幅のスイングの要点

※ ターゲットラインがわかるように、クラブを置いて示しています。芝の上では、イメージしなければなりません。

 

201912621543.jpg

バックスイング8時の位置と形①

■ 手元は、構えの位置との間隔を変えない。

■ クラブヘッドより、手元は内側(身体寄り)に位置する。

 

201912710222.jpg

バックスイング8時の位置と形

■ 腰と左膝は、少し右に回っている

■ わずかに体重移動が始まっている

 

20191262181.jpg

フィニッシュ4時の位置と形①

■ 腰はわずかに目標側に回転し、

■ 左足に体重が移動し、

■ 右足のかかとはわずかに浮く

 

201912621825.jpg

フィニッシュ4時の位置と形②

■ グリップエンドは左腰付近を指している。

■ 前傾角度とフェース面の角度は同じ

 

スイング作りのベースとなる動き

7時~5時、8時~4時のフォームの練習は、アプローチショットのためだけの練習ではなく
「飛ばして曲げないスイング」の元となるフォームの練習です。
全てのスイングに、7時~5時、8時~4時のフォームが含まれているからです。

 

 

以下の充実したレッスンメニューもご覧ください

1.パター、アプローチ、バンカー専門レッスン 
⇒ クリック

100切りには必ず必要なテクニック満載
 

2.プライベート・マンツーマンレッスン   
⇒ クリック

超ぜいたくな、あなた一人のためのレッスン
 

3.まずは1DAYお試しレッスン
⇒ クリック

 

4.スイング診断・改良レッスン        
⇒ クリック

”イケメンスイング” ”スイング美人” になれます!

 

あなたの100切り達成を応援します!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

 

 

 あなたのゴルフを飛躍的に上達させる情報が満載です

 

4種類の基本スイング:7時~5時(スイング形成版)

100切り達成上達塾 ~すぐに100を切るために~/~二度と100は打たないために~

スイングは、ターゲットラインをガイドラインにして作る 1

練習場のマットは、直角や平行のモノがたくさんあるが、芝の上には??

 

■ 腕が7時~5時の振り幅のスイングの要点

※ ターゲットラインがわかるように、クラブを置いて示しています。芝の上では、イメージしなければなりません。

 

201912620517.jpg

バックスイング7時の位置と形

始動は「右ポケットを後ろに引く」イメージがおすすめ。
クラブヘッドは、ターゲットラインのやや内側(インサイド)に入っていく。

 

2019126205222.jpg

フィニッシュ5時の位置と形①

7時の位置とほぼ左右対称で、クラブヘッドは
ターゲットラインのやや内側に入っている。

 

 

201912620532.jpg

フィニッシュ5時の位置と形②

右膝は、わずかに左膝に寄っていく。

 

 

2019126205330.jpg

フィニッシュ5時の位置と形③

フェース面のローリングはほとんどない。

 

スイング軌道とは?

① インサイド~インサイド軌道

② アウトサイド~インサイド軌道

③ インサイド~アウトサイド軌道


と3つに大別できます。ポイントは、

「何に対してのスイング軌道なのか?」

です。全ては、ターゲットラインに対してのスイング軌道なのです。
しかし、コース上にはラインは引いてありませんので、イメージするしかありません。
もちろん、訓練が必要です。

ここが、コースと練習場とのスイングの違いなのです。

 

 

 

以下の充実したレッスンメニューもご覧ください

1.パター、アプローチ、バンカー専門レッスン 
⇒ クリック

100切りには必ず必要なテクニック満載
 

2.プライベート・マンツーマンレッスン   
⇒ クリック

超ぜいたくな、あなた一人のためのレッスン
 

3.まずは1DAYお試しレッスン
⇒ クリック

 

4.スイング診断・改良レッスン        
⇒ クリック

”イケメンスイング” ”スイング美人” になれます!

 

あなたの100切り達成を応援します!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

 

 

 あなたのゴルフを飛躍的に上達させる情報が満載です

 

A4

A4:

柔軟性の個人差によります。
インパクトで伸びていればOKです。

バックスイング~トップで左腕が曲がっているのは、上半身が脱力していることになり、ダウンスイングからインパクトにかけて、重力や遠心力で左腕は伸ばされます。

理解していただきたいのは、

 

①バックスイングで左腕が曲がっているデメリットはない

②無理に伸ばして得られるメリットはない

 

ということです。

むしろ無理に伸ばせば、上半身が硬直し、身体のターンが鈍ってしまうだけです。

結果的にフォロースルーで、左肘が曲がってしまうのです。
バックスイングの左腕が伸びる人は、柔軟性が高いので、自然に伸びてしまうだけなのです。

フォロースルーの右腕も同様です。
速いヘッドスピードによるクラブの遠心力で伸ばされるのであって、意識的に伸ばしているのではありません。

バックスイングの左腕は、軽く曲がっていてもOKと考えてスイングすることをおすすめします。

 

A3

A3:

バックスイングの大きさは、柔軟性によります。個人差が出てくるでしょう。

私自身も心がけていますが、コンパクトなバックスイングは、悪いクセを隠してくれます。

また、飛距離はバックスイングの大きさでなく、フォロースル―からフィニッシュの大きさで決まります。

A2

A2:

シャンクのほとんどは、フェースが開きながら
ヒール部分(付け根)に当たってしまうことが原因です。

ダウンスイングから、右ヒザが目標方向に回転せず、シャンクする方向に右ヒザが向いてしまっているからです。

バックスイングやダウンスイングから、手元が前に伸びてしまうことも原因です。

応急処置としては、フェースの先端で寄りで打ってみましょう。
まずは、ナイスショットを狙うより、最悪のシャンクから脱出することです。

A1

A1:

まず、「手打ちは悪い」という考え方を変えてみてください。
私は、「手打ち」=「手の役割」だと考えています。

手打ちスイングは、「脚が使えていない」だけであり、正しいフットワークを習得すれば、飛んで曲がらないスイングになります。

ゴルフ上達塾でレッスンしているフットワークは、

 フィニッシュで両ヒザが居る付いていること

■ フィニッシュで右かかとが真上を向くこと


の2点ができていれば、フットワークはカンペキで、ボディターンスイングになっているとします。

手は手でしっかりと仕事をさせ、フットワークと上手に連動させるスイングを目指して下さい。

PAGE TOP