ホーム>レッスンブログ>初心者スイングの理論

初心者スイングの理論

ゴルフスイングを考える(問題形式)

問題集を作ってみました。

回答は、最後に記しますので、
ちょっと考えてみてください。

ゴルフスイングとは、

   【 1 】    【 2 】

をミックスしたような動きです。


キツイ!苦しい! (「何となく」キツイと感じるくらいでは、「本能的に避ける」に負けてしまい、ラクな動きに逃げてしまうのが普通)


        ↓

本能的に【 3 】を避けるものです。


     ↓

ゴルフスイングとは、【1】と【2】をミックスしたような動き。
「きつくて苦しいのは当然なんだ」



と、理解・納得することで、


あなたの【 4 】は、苦しさを受け入れるのものです。


少しでもキツさや苦しさを和らげるには、
毎日数分のゴルフ用ストレッチと、日頃の摂生が大切です。

基本としての正しいスイングの動きを知識として知っていることも大事です。

ゴルフの正しい動きは、【 5 】感があるものです。
ゴルフの動きは、日常生活にはない感覚ということを認識しましょう。



回答:

 

1.スクワット、2.ストレッチ、3.正しい動き、4.無意識、5.違和

ドライバーのティアップのちょうどいい高さは?

100_0206.jpg 100_0207.jpg

ドライバーのティアップの高さに迷う人が多いようです。

大まかな目安として、

ドライバーのヘッドからボールが半分出るくらいが良いでしょう。


注意点は、

「構えたときのヘッドの高さと、当たっているときのヘッドの高さは違う」

ということです。



ドライバーを打つと、極端にボールが高く上がってしまう人は、

構えと当たったときの位置が同じくらいだったのです。

つまり、ボールの下半分を打ってしまったわけですね。

今回おぼえていただきたいことは、

「ドライバーでのスイング軌道の最下点は、地面から数センチ上」

ということです。

 


実際のドライバーでのスイング中は、

ヘッドが地面に触れることはありません。


コツは、ティの先端1センチくらいの高さがスイング軌道の最下点だということです。

ヘッドを浮かせて構えることをおすすめします。

フラフラして安定感悪そう、と思われるかもしれませんが、

地面を打ってしまうよりもずっと距離が出ますし、すぐに慣れるものです。

よくランも出るようになって、きっと飛距離アップにつながりますよ!

 

スイング軌道の最下点を知りましょう。

 

初心者ゴルファー上達塾1

 

cimg0119.jpg cimg0121.jpg cimg0120.jpg

 

画像左は、ドライバーでナイスショットしたときの、ボールとフェースの当たり場所です。
ティーの高さは、地面からだいたい3~5センチくらいでしょう。

実際、ティーは、ドライバーのフェースに1cmくらいしかかかりません。

ということは、スイング中、ボールをとらえた瞬間は、ドライバーヘッドは、地面から4、5センチは浮いていることになります。

ボールをとらえた瞬間と位置(インパクト)を、スイング軌道の

 

「最下点」

いいます。

常に、最下点を意識しながらスイングしましょう。

ドライバーは、スイング中、1回も地面に触れません。
よく、素振りで、ボールと地面の接触点を探りながら振っている人がいますが、ミスするための素振りになっています。

ドライバーの素振りは、30センチくらい浮かして振りましょう。
素振りはなるべく水平に近い角度で振る方が、右に飛ぶのを防げます。

 

 

以下の充実したレッスンメニューもご覧ください

1.パター、アプローチ、バンカー専門レッスン 
⇒ クリック

100切りには必ず必要なテクニック満載
 

2.プライベート・マンツーマンレッスン   
⇒ クリック

超ぜいたくな、あなた一人のためのレッスン
 

3.まずは1DAYお試しレッスン
⇒ クリック

 

4.スイング診断・改良レッスン        
⇒ クリック

”イケメンスイング” ”スイング美人” になれます!

 

あなたの100切り達成を応援します!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

 

 

 あなたのゴルフを飛躍的に上達させる情報が満載です

※お問い合わせ・お申込は、

info@club-golfjoy.com

 

 

PAGE TOP