ホーム>レッスンブログ>webレッスン>「ゴルフの義務教育」とは?
webレッスン

「ゴルフの義務教育」とは?

ゴルフは、一生楽しめるスポーツです。


どんな人でも、全く当たらないゼロからゴルフが始まります。

まるで、読み書きや計算が身についていない6歳からの学校の勉強と一緒です。


一般的に、ゴルフを始めるのは、社会人になってからでしょう。

早い人で二十歳前後、多くの方が社会人として

経験を積んできた30歳以降ではないでしょうか。

それでも早いほうでしょう。


長く楽しめるゴルフライフを、学校過程で考えてみましょう。

ほぼどなたでも、何歳からでもゴルフを始めるのは可能です。


しかし、始めた年令が、「ゴルフ小学校」1年生です。


他人との比較や見栄、体裁、結果への期待は立派な大人の感覚ですが、

ゴルフ自体の感覚は学校でいえば、ゴルフ小学校1年なのです。


ゴルファーは、そんなことは当たり前だと解ってはいるつもりなのですが、

ついつい実生活、実年令のキャリアと、ゴルフが重なってしまう錯覚に陥ります。



 

2.

日常生活上で、子供に好きな行動させたら、

危なっかしくて見ていられないのではないでしょうか?


例えば、小学1年生の子供を、一人で学校に行かせることをするでしょうか?

子供は信号を適確に判断できるでしょうか?

交差点や横断歩道で確認が確実にできるでしょうか?

きっとそのうち、周りなど確認せず、

自分が行きたいところに、好きなように行きまわることでしょう。


そこで、大人は子供が事故に遭わないように

「そっちダメ! こっちもダメ! こっちだけ!」

と厳しくしつけるのが当たり前です。

子供が「イヤだ、こっちに行きたい!」と泣こうがわめこうが、です。


義務教育とは、

「あれダメ、これダメ、これしかダメ」

ということを身につけていくことでしょう。

ゴルフでの「あれダメ、これダメ、これしかダメ」というのは、

ボールの飛びでたとえてみるとわかりやすいです。

「右に飛ぶのはダメ、左に飛ぶのもダメ、真っ直ぐしかダメ」です(笑)。

これがゴルファーの願望ではありませんか?

ゴルフの義務教育をしっかり学習してください。


このお話の終わりに、倶楽部ゴルフジョイで指導している

ゴルフの義務教育の項目を挙げておきます。



 

3.

スマートで常識的なゴルファーになるためには、

ゴルフの義務教育を習得しなければなりません。


ゴルフの義務教育を終えてない人が、

自分の考えや意図、願望を全面に出すと、

ボールのゆくえは全く予想できません。


上記のような「あれダメ、これダメ、これしかダメ」というゴルフでの義務教育の

知識と経験が身に付くまでは、あなたの実生活での

大人の頭の判断や意図、願望は、ゴルフの場面では、かなりの確率で


「子供を交通の激しい道に放す」



ようなものです。

ゴルフの初心者とは、ゴルフにおいては年令に関係なく、

周りが見えず、判断や確認の乏しい子供のようなものなのです。


違和感やきゅうくつなこと(ゴルフでは上達に必須の正しい動き)を拒否して、

やりたいように、好きなようにゴルフをやらせると、

とんでもないゴルフプレーになっていきます。


例えば、道端で子供がボール遊びをしているとしましょう。

ボールをキャッチしそこねた場合、子供は一目散に拾いにいきます。

そばでビュンビュン車が走っている、

ということなどすっかり忘れているはずです。


そこで、視野が広く全体が見渡せる大人は、

「拾いに行っちゃダメ!」と制止します。しかし子供は、

「なぜ?イヤだ、拾いに行きたい」

と駄々をこねます。

ゴルフで言えば、初心者が

「こんなのしっくりこない、こうやりたい」

と言うのは、「ボールを拾いに行きたい子供」と同じと考えてください。


 

大人としてゴルフをおぼえていくわけですから、

まだ自分の意図や願望を出せないのはなかなかツラいものです。

実年令とゴルフ年令との差は、大きく開いていますから、

ここは一つ、子供のように素直におぼえていきたいものです。


大人のあなたは、ゴルフを習う際に、すぐに首をひねったり、

「よくわかんない」と駄々をこねたりしないようにしましょう。

「ゴルフ小学生」では、まだまだ、ゴルフは「わかるわけがない」のです。


ゴルフの義務教育とは、掛け算の九九や、感じの読み書きと同じで、

いちいち意味や理由、結果を考えるべきではなく、

「丸暗記」こそが一番上達が速いのです。


前置きが長くなりましたが、ではゴルフの義務教育とは何か、を考えましょう。

これは、あくまで倶楽部ゴルフジョイのゴルフ義務教育の仕方ですので、

賛否があるでしょうけど、ご参考に。


お話してきた「ゴルフの義務教育」とは、


1.ゴルフに必要な用語をおぼえましょう

  特に、レッスン用語が優先です。各クラブの名称や、使用法、用途なども必要です。


2.各クラブに適した構え方、正しいグリップ、

  適正なボールの位置、正しい動かし方の基礎知識(そこから感覚が芽生える)。


3.ラウンドに最低限必要なルールとマナーをおぼえましょう


4.ラウンド中の場面や展開を、5つのパターンでおぼえる

(1.ティグラウンド、2.2打目以降グリーン周りまで、
3.グリーン周りのアプローチ、

 4.グリーン、5.応用:バンカー、斜面、林、ラフ等)



義務教育が終わったら、どんどん応用に入っていけます。

地道でつまらないかもしれませんが、そこに意味を見出し、

優秀な成績でゴルフの義務教育を終えてください。

 

倶楽部ゴルフジョイのレッスンでなら、あなたを、

「超初心者ゴルファー」から「初心者ゴルファー」へと

一気にジャンプアップさせて差し上げます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/352

コメントする

PAGE TOP