ホーム>レッスンブログ>webレッスン>5.ターゲットラインに対してスイングする
webレッスン

5.ターゲットラインに対してスイングする

100切りを最短で達成するテクニックと知識

100切り達成ウェブレッスン ⇒ こちら

 

ターゲットラインとスイング軌道との交わりがポイント

                                           ※ 画像をクリックすると、拡大されます

ターゲットラインからズレている様子

201722722743.jpg

ターゲットラインに対して、極端にアウトサイドからインサイドに振り抜かれてしまう構え方。

20172272273.jpg

ターゲットラインに対して、極端にインサイドからアウトサイドに振り抜かれてしまう構え方。

 

2017227223738.jpg打ち上げのライの状況

目線が上がってしまい、スイングが狂いやすい。地形に反して、低い目線で構えるのがコツ。

 

2017227223638.jpg願望の目標を「第1の目標」とし、“計画的に逃げて”狙う目標を「第2の目標」と、明確に区別しておく。

願望の目標は、
フェアウェイ真中

狙う目標は、
フェアウェイ右サイド

 

 

■ 「構えで逃げて、スイングで逃げない」

“怖さで逃げた”構え

目標を狙いたいけど(目線は目標に合っている)、左サイドに池などがある。
怖さから逃げたい気持ちが構えに表れてしまい、体が右を向いてしまっている。
目線(願望とも言える)は目標に向いているが、スイングは、池の右方向に逃げて振りたくなるため、
スイングは狂いやすいでしょう。

 

“計画的に逃げた”構え

目線は、願望の目標(フェアウェイセンター)ではなく、「第2の目標」にある。
「左の池には入れないようにスイング」よりも、「右の3本目の木に向かって打つ」という狙い方をしましょう。
意識が前向きになり、良いスイングを生むでしょう。

 

保険をかける

“余裕をもった”“計画的に逃げた”構えならもしミスしても結果オーライになりやすい。
うまく目標近くに寄ったなら、それは「保険がおりた」と考えます。
保険は、掛け捨てが普通。ミスしなかったら、目標には寄らなかったけど、いわば計画通りにいったということです。

 

100切り達成ウェブレッスン ⇒ こちら

 

あなたの100切り達成を心から応援します!

 

こちらもご覧ください                 

 downwardleftクリック!

ゴルフ上達塾全12回コースもございます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.club-golfjoy.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/516

PAGE TOP