ホーム>レッスンブログ>2011年7月

2011年7月

パターの基本

cimg0018.jpg cimg0019.jpg cimg0020.jpg

 

パターでのボールは、

 

左目の真下に置け

 

とはよく言われることです。

パターは、ショットよりも正確性が必要なのは言うまでもありません。
ショットは、クラブが長いので、目とクラブが離れてしまいます。

だからコースでは右を向いてしまいやすくなるのです。
パターは、ボールが転がっていくラインに、両目を結ぶラインを真上から重ねられます。
そうすることで、ショットのように右を向いてしまうことを防げるのです。

また、ボールを左目の真下に置くのは、違った言い方をすると、眉間の真下にパターのフェース面がくることになります。
そうすることで、ボールが転がる方向(ターゲットライン)に90度にフェース面をセットすることができるのです。

物を見るとき、焦点を合わすには、両目を結んだ先で見るからです。

まずは、真っすぐのショートパットから試してください。
効果があるはずですよ。

余裕がない・・・・?

車の運転とゴルフのプレーは似ているようです

 

車の運転は、余裕がなければ飛ばさないし、安全に走ります。
もし、事故にでもなれば、後が大変だとわかっているからです。

ゴルフで池越えの状況等、余裕がなければ逃げて迂回すればいいのに、

遠回りは損だとばかりに、

 

「やって見なきゃわからない」

と、挑戦します。
狭く、OBがあるのに、飛距離が欲しいからとドライバーを振り回します。


こう考えて見ましょう。OBや、池ポチャは、交通事故だと。
そう考えれば、自信のないショットはしなくなるでしょう。
もちろん、あなたには自信がない場面でも、
上級者の人だと、何の不安もなく、余裕でショットしていくこともあるでしょう。

 たとえれば、レーサーなら、200キロで走っても、安全運転と感じることでしょうが、
免許取立ての人なら、高速で80キロでさえ不安と感じることでしょう。

だんだん運転(ゴルフ)キャリアを積んでいけば、スピードを上げても不安は減っていくものです。

よく、「余裕がないから仕方ない」と、レッスン時に進行やマナーに関してアドバイスしたときに言う方がいますが、
なぜ余裕がなくなるのでしょうか。

それは結果だけにとらわれ、こだわりすぎるからでしょう。
厳しくいえば、自分の技量以上の結果を望んでしまっているから、余裕がなくなり、自分を見失う。
背伸びしてつま先立ちで歩いていくようなものです。

ゴルフのプレーでは、何よりも、安全性、進行、他人への配慮が大切で、それができて初めて、自分の結果をこだわる資格が生まれるのです。
ここが、ゴルフはマナーのスポーツと言われるゆえんです。

自分の打数を忘れてしまう人は、スコアを付ける、こだわる資格はないと考えたい。
ボールの行方を最後まで見てない人も、スコアにこだわったり、ボールを探し回る資格はないと考えたいです。

再度、「余裕がない」のならば、飛んでいったボールを追わないで、
ティーを探し回る余裕はなぜあるのでしょうか?

ティーより、飛んでいった自分のボールの行方の方がずっと大事なのに。

後続組を待たせてしまい、スコアがつけられないくらい慌ててしまったら、初心者の段階は、

「ギブアップ」や、「アンプレアブル」、
「多めにスコアの申告をする」
「打てる場所に手で移してそこから打つ」

は全員の進行のために、大いに推奨されるべきです。

 

多少厳しい内容でしたが、倶楽部ゴルフジョイのレッスンは

「やさしく、ていねいに」

がモットーですから、ご安心ください。

コンペ幹事必読「初心者が1人入ったら・・・?」

コンペなどに、初心者が参加する場合、
幹事さんの事前と、プレー中の配慮がモノをいいます。


 

初心者の方の現段階のプレーでは、思うようには進めないので、

「初心者用特別ルール」

を作るといいでしょう。
たとえば、

■ 「バンカーショットは2回まで。もし出なかったら手で横に出して」

■ 「後続組を待たせていたら、グリーン上は3パットで打ち切り」
    (パットが意外と時間がかかるのです!)    

パターで、


■ 「後ろの組を待たせているペースなら、遠い人から打つ、の原則は無視して、
  1メートル以内は マークせず、どんどん「お先 、OK」を徹底化しておく」

そんな慌ててやっても面白くない、との声が聞こえてきますが、

後続組を待たせているようなら、厳しいようですが、

ラインを読んでていねいにやっている場合ではありません。



また事前に同伴プレーヤーと、全員の進行を速める打ち合わせや、

プレーの段取りの取り決めをしておけば、

前の組に遅れる、後ろの組を待たせるといった状況を防げ、

皆さんの所要時間が増やせるかもしれません。

さらに、初心者の方には、

■ 「とても打ちにくい場所では、1打払ってその人が打ちやすい平らな場所から打つ」

■ 「本人が我を失うくらい慌ててしまい、どうにもならない場合は、そのホールをギブアップ。
  そのホールのパーの3倍のスコアを記入してプレーは省略して速く進む」

■ 「ボールが池に入ったら、池を越えたところから1打足してプレー」



前の組に遅れている状況では、

■ 「そのホールはプレーは中断して自分のボールをピックアップ。しばらく手で持って歩いていく」

■ 「疲れたら、プレーを一時中断してカートに乗って見学も可」

■ 「グリーン近くになったら、アプローチやバンカー用のクラブとパターは自分で用意して3本セットにして持って歩く」

なども、取り決めておくといいでしょう。

これらの臨時特別ルールを全員で打ち合わせ、

初心者の方にアドバイスしておけば、安心して参加できることでしょう。

 

クラブの通り道「どこに上げて、どこに振り抜くの?」

100_0021.jpg 100_0027.jpg 100_0026.jpg

 

正確なクラブの通り道はわかっているでしょうか?

「だいたいこの辺に上げて、あの辺に振り抜く」

でしょうか?

それで、ボールには

「あそこしか(グリーンの旗のそば、もしくはフェアウェイど真ん中)ダメ!」

と要求していないでしょうか。


ボールに限りなく厳しい要求をするなら、
打つ人も、限りなく正確な軌道でスイングしなければならないことは、納得していただけることでしょう。

今回は、その「正しい軌道のチェック方法」をお話しましょう。

画像のように、軽くお尻を壁につけて構えます。
ゆっくりバックスイングをしていきます。
多くの人がインサイドに引く人が多いです。
腰の辺りから、壁に当たってしまうことでしょう。
といって、極端に逃げて、壁から大きく離れてあげるのもNGです。

クラブは

「真横の真上」

の位置関係とイメージすればOKです。
画像左が、

■グリップエンドが右ポケットで真横(アドレス位置から、 クラブは90度真横)、

■そこから腕でクラブを引っ張り上げずに腰で(腕は腰のねじり上げの補助的に使う程度)   クラブを真上に上げていったポジション

 

がその 人のトップの位置です。
肘が内側に絞られた感じになりますか?

結果として、肘が真下を指した理想的な形になります。
腕相撲で負けるときのような感じをイメージするといいでしょう。

上がる高さは個人差があります。
ゆっくりクラブを壁に当たらないように下ろしてきてインパクト。
フォロースルーは、バックスイングの要領と全く同様です。

「真横の真上」で、実際はそれで斜めに傾いた
スイング軌道(スイングプレーン)になるのです。

実際にボールを打つことはしない方がいいですが、
軌道の確認として、朝一番のティーグラウンド横の
スタート小屋で行うといいでしょう。

遠くへ飛ばす目線は?

cimg0004.jpg cimg0005.jpg cimg0002.jpg

 

普通、遠くを見るときはアゴを上げて

目線を上に向けるものです。

では、一番遠くへ飛ばせるドライバーを

打つときの目線はどうしているでしょうか?



ラウンドレッスンで生徒さんのプレーを

拝見していると、画像のように、
 

「亀が首を出すように」

目標を確認しています。

中には、「高い位置に目線を置き、

    そこに向かってスイングしろ」

とレッスンしている方もいますが、

私の意見は逆です。

 

ゴルフでは遠くへ飛ばしたい ときほど、

画像右のように目線を低く、アゴを引く。

アゴを引く、といってもイカリ肩になるほどではなく、あくまでも「軽く」です。

私は、「水平目線」と「斜め目線」

と呼んでいます。

 

ゴルフは、前傾姿勢をできるだけ最後まで

保ったままスイングして目標を目で追うので、

斜め目線が望ましいのです。



日常生活は水平目線です。

他人のボールを見るときも、

は水平目線でよく見えます。

一番気になる自分の飛んでいくボール。

インパクトの一瞬後では、

本能的に水平目線になりやすい。

しっかり自分に言い聞かせて

斜め目線で追いましょう。



スポーツでは、アゴが浮いたら

ダメな場合が多いです。

水平目線でボールを追えば、

アゴが上がりやすくなり、

アゴが上がれば腰が浮き、

膝が伸びて重心も浮いてしまいます。



アドレスで目標を確認するときから、

斜め目線にします。

自分への言い聞かせも忘れずに。

なかなか辛抱がいるものです。

しかし、その辛抱ができれば、

(斜め目線のキープ)ボールは曲がらず、

斜め目線の先にストレートに

飛んでいっていることでしょう。

 

 

「三脚」になってませんか?

構えて、ボールに意識が行き過ぎると、姿勢が前のめりになりやすく、

「三脚」になってしまいます。

アドレスでは、自分の「二本の脚」で立つべきで、真ん中の脚(クラブ)に体重をかけてはいけません。

ア ドレスでは、クラブヘッドは地面にベタっとは押さえつけずに、芝の葉先に触れるか触れないかぐらいで、ヘッドの重さを感じられるようにソールしましょう。 ヘッドを浮かせて構えている感じがするでしょう。特に夏のラフでは、芝の上数センチにボールが浮いている状況があります。

足でボール付近を踏んでみて、ふかふか沈むようでしたら、ソールの高さに気をつけましょう。

練習の方法としては、マットだけでなく、いろんな高さのティーにボールを乗せてボールだけを打つ感覚をつかむのが効果的です。アドレスでヘッドを地面につけないと打てない、ではラフやフェアウェイバンカーから飛距離を稼ぐのは難しくなります。

しかし、ボールが深く芝にもぐっていたら、ボールの手前の芝から根こそぎ刈り取るように振っていかなければいけません。腕力勝負になります。

まとめとして、

1.まずライを見て、芝の葉先からどれだけボールが浮いている
のかチェック。

2.アドレスでソールの高さに配慮。

3.芝の下に沈んでいる場合もあるので、スイング軌道の最下点を
イメージする。

経験が増えてくれば、芝の抵抗も素振りで予測でき使用クラブも判ってきます。

「ゴルフスイング作りの考え方」2.

ゴルフ体力(身体能力)とは、

■ 18ホール歩いてもバテないスタミナ

■ 関節の可動範囲の広さ

■ 筋肉の柔軟性

と考えましょう。

関節の動く方向は、男女、プロ、アマチュアも同じ。
しかし範囲(可動範囲)の広さに違いがあります。

また、動かせる

「程度と度合い」、「速さや強さ」

が違います。
だからフォームの作り方は基本的に誰でも一緒。

スイング作り、スイング修正における考え方として、

「無意識化」

が必要です。

意図する修正部位を、過剰なまでに大げさに、意識して変え、
変わった部位を、無意識に働かせることができる(条件反射)までの、

「間を空けない反復」が必要です。



運動神経系統は、まずは頭が司令塔です。
だから、まず知識として動かし方を理解し、
ゆっくり動かしておぼえこませていきましょう。

ゆっくりだと、頭はついていきます。
だんだんスピードを速めていくのです。
出来ているかどうか、指導者の確認も大切です。

一度できたスイングの動きの中には、
「ゴルフ用運動神経回路」が存在するはずです。

以前はできなかった動かし方ができるようになったのなら、
「ゴルフ用運動神経回路」が新たに宿ったのです。

その動きを定着させ、いつでも再現可能な

"一発検索"

できる方法を見つけていくのも レッスンであり、効果的な練習なのです。

「せっかくできたのに、ぜんぜん出来なくなってしまった!」


「安定しない」、「次にナイスショットが出るまで、何十球も打たないと・・・・」

ナイスショットは、正しいアドレスからしか生まれません。
もし、おかしいアドレスからナイスショットが出たとしても、
再現性が低いでしょう。 ナイスショットとは、

「 いつでも、どこででも出せる、 まあまあ以上の出来のショット 」

と定義しましょう。 そのためには、

「 いつでも、どこででも、どんな場面でも同じアドレスが取れる 」

ことが前提になってきます。
正しい構えこそが、正しい動きを繰り出させ、
再現性の高いナイスショットを生み出すのです。

 

こう考えれば上手くいく!「スイング作りの考え方」1.

 

ゴルフスイングでの身体の動きは
他のスポーツにはない特殊な動きです。

また、日常生活の動作からすると、

「生活上必要のない動き」

の集合体です。

さりげなく自然に見える、
滑らかで華やかなスイング動作ほど、

「違和感」

を感じるものです。
正しいゴルフスイングは、
肘や脚、腰など身体の各部位の
違和感の集合体と言えるでしょう。

ですから、レッスンを受けても(もちろん正しい動きを)、
すぐにはできるようにならないものなのです。
即効性は望めません。

また悪い動きを修正したら、
いったん当たらなくなるのが、
むしろ正常と考えてください。

前の悪い癖が取れようとしているのだから、
当たらなくなったほうがよろしい現象と理解すれば、
無用な心配やイライラをしなくてすみます。


長いゴルフキャリアや悪い癖で、
 

"それなりに当たってしまっていた"

のを、正しい動きで当たるように変わっていきたい。

そのためには、少しは辛抱の期間が必要です。
その辛抱の期間を少なくするには、
上記のような理解が必要なのです。

理解がないと、違和感のある動きは、
どうしても本能的に避けてしまい、
ラクな動きで「当ててしまおう」とするのが
むしろ正常な感覚とも言えるかもしれません。


ゴルフの動きの違和感とは、
生活上不必要な動きと同じようなものなので、
嫌がって避けるのが普通です。

 



ゴルフスイングの運動神経系統は、
頭(脳)から伝達されますね。
頭で、腕や足などの各部位の動きや役割を理解、納得し、
違和感を避けたり嫌がらないで「受け入れるんだ!」
と言い聞かせてください。

違和感があって気持ち悪くても、

「この動きは必要なんだ!」

と強く命令しましょう。
司令塔(頭)が理解・納得して、
各部位にスイングを指令すれば、
胴体、腕、足の各部位もしだいに違和感を受け入れていくでしょう。

柔軟性を高めるストレッチもやっていくと、
違和感の受け入れのスピードが速くなっていきます。

さらに、間を空けない反復練習が必要です。
何も練習場でボールを打つことだけが練習ではありません。
ノートに動きのシステム(肘や足の動かし方など)を書いて一覧化したり、
クラブを持たないカラダの動きだけのモーションの練習、
シャドースイングも効果のある練習です。

上手くスイングできないときは、
ボールを打つよりもシャドースイング練習(各部位別の)の方が
ずっと効果があるものです。


特に苦手な部位の反復体操をしましょう。
反復の回数の目安ですが、人間の感覚は、
理解と根拠のある、意図をもった特定の同じ動きを、
間を空けずに(48時間以内)3000~10000回繰り返すと、
無意識化されていくようです。

つまり、考えなくても勝手にイメージ通り動いてくれるわけです。
その部位の関節、筋肉自体に必要な動きを記憶され、
条件反射(プログラム化)になってくれます。

プレーヤーが最低限やることは、

■ボールの位置、

■正しい構え、

■こう上げてこう振る、

というスイングの知識を、
頭で理解・整理しておくことなのです。

こうやれば当たるんだ、という根拠があると、
各部位は違和感を受け入れて、無意識に動いていきやすい。

 

これこそが、「頭でおぼえるゴルフ」から
「カ ラダでおぼえるゴルフ」になっていくのです。

一時的な当たらない期間にあせらず、
よく理解して慌てず、落ち着いてレッスンを信じて消化していけば、
きっと上達していきます。

そのためには、「今の自分」を変えなければなりません。

「変化の先に進化あり」

です。

ゴルフレッスンの誤解 「背筋をピーンと伸ばして構える?? 」

100_0210.jpg 100.jpg

 

構えたときに、

「 背筋をピーンと伸ばして!」

と言われたり、またそう思ったりしていないでしょうか?
この表現もまた、多くのゴルファーの上達を妨げる一つだと私は考えています。

レッスンの表現は,受け取る人の技量によって、解釈が大きく分かれるものです。
私がレッスンしている表現では、背筋は「ビシッと伸ばす」のではなく、

「普通に立ったり歩いたりいる状態の背筋のテンションのままスイングする」

とアドバイスしています。
ふだんから背筋をビシッとした「キョツケー!」の姿勢で居続ける人はまずいないでしょう。

練習場で頑張っているゴルファーを拝見していると、
かなり多くの方が、背筋を伸ばしてというより、
「反りあがらせて」構えて、スイングしています。

ゴルフスイングに必要な、リラックス感がなく、
力んでる割にはそんなに飛んでいないようです。

背筋が、「伸びている」と「反らせる」では、
スイングにおける効果は大きく違ってきます。
元々が猫背の人はそれがその人の「真っすぐ」の背筋です。

普通の背筋の人が、自信のない、うなだれた背筋で構えたときに、
「背筋を伸ばして!」と言われるのです。

 
背筋は個人差があって当然です。

スイング時に力が出る「腰の入った構え」は、
お尻を突き出して構えればOKです。

背骨は本来一直線ではなく、ゆるやかにS字を描いていることはご存知でしょう。
力を出すときは、多くのスポーツ競技で猫背になるものです。

モノを引っ張るとき、身構えるとき、ダッシュの直前、
重いドアをあけるとき、自然に猫背になっています。

スポーツは腰が浮いたらNGなのは誰でも納得でしょう。
背筋を反らせれば、腰は浮いてしまい、重心も上がってしまいます。

スイングでも一 番力がみなぎってくる
ダウンスイングからインパクトにかけては、
連続写真などを見ればわかりますが、
アドレスよりも背筋が丸くカーブ(猫背状態)してきます。

フォローからフィニッシュにかけて背筋が張り始め、
フィニッシュで背筋が反りあがる感じになるのです。

 アドレスからフォローまでは、猫背にまではしないにせよ、
ピーンと背筋を張っても逆効果。

気づいたとき(フィニッシュ時)に背筋を張るくらいの意識でぴったりなのです。

「遠心力で飛ばすって?」2

「大きなスイング軌道って?」「スイング軸ってどこにあるの?」 2

100_0151.jpg

 ~ つづき

技術的には、2つに絞りましょう。
1つ目は、脇と肘の使い方。
2つ目はコック(手首の使い方)の正しい使い方です。

スイング中に、肘と脇の支点を利かさないと、
打つ人自体のスイングの規格サイズより膨らんでしまいます。
つまり、円運動ではなくなり、イビツな円になってしまうのです。

「脇と肘の支点を利かす」

とは、具体的にはスイング時の肘の折りたたみ運動のことです。

バックスイングでは、必ず右肘はたたんでいき、
インパクト以降フォロースルーから、左肘をたたんでいき、
フィニッシュにかけて両肘をたたみこみます。

そして、コックと呼ばれる手首の動きも
肘の折りたたみ運動に伴って行われないと、円運動にはなりえません。

両肘の折りたたみ運動とコックで、上手に円軌道を作らないと、
クラブヘッドがそこからからはみ出してしまいます。
はみ出す方向によって、これがダフりや、スライス、シャンクになります。

これらの原因は、腕を自分のサイズ以上に(スイング軸を中心とした腕で描く円の直径)大きく使いすぎるからです。 また、中心の強さ、つまり軸の意識がしっかりしているかにもよります。もしそういったことを知らなければ、知る必要があります。

スイング軸は物体ではなく、意識を持ち、イメージすることで、「発生」するものです。

スイング時の腕の直径は写真のように、両方の腕で出前をかついでいる形と考えるといいでしょう。
腕の直径を、両腕を伸ばした状態と考えてしまうと、肘の折りたたみ運動が鈍くなり、
円運動ができなくなります。 雑誌などに、「できるだけ大きなスイングアーク」とよく書かれてありますが、これが当てはまるのは、「ゴルフ体力」のある(柔軟性の高い、アスリートゴルファー)ゴルファーのみで、この文章を読んでいただいている大部分の方は、一般ゴルファーの方でしょう。

私のアドバイスでは、「大きなスイングアーク」などという言葉は、頭から消し去っていただきたいものです。
腕の長さは決まっているのです。スイングアークは、大きくも小さくもないものですが、

ほとんどのアマチュアゴルファーは、柔軟性に乏しいものですから、む しろ、スイングアークを小さめにイメージすることの方が良いとさえ言えます。アマチュアゴルファーをレッスンしている私の実感でもあります。

柔軟性が乏しくなる度合いが強まる程、大きなフォームは作れなくなります。 無理に大きなスイングを作ろうとして、中心であるコンパスの針(スイング軸のこと)をズラしてしまっては逆効果です。
無理に大きく腕を伸ばそうとすると、関節や筋肉がツラくなり、ツラいことは本能的に避けようとするものです。
「避ける」とは、正しいスイング軌道が作れなくなることを意味します。

もし、無理に大きく腕を使って軸がぶれると、当然円運動ができなくなり、ダフり、トップ、スライス等あらゆるミスにつながります。

私は、「大きなスイングアークを作れ」というレッスンこそが、多くのゴルファーの上達を妨げている原因だとさえ考えています。(プロや、トレーニングを積んでいるゴルファーにはこの話は当てはまりませんので、誤解なきよう)
 

PAGE TOP