ホーム>レッスンブログ>中・上級者用

中・上級者用

「肩は回してはいけません」!

   

「バックスイングで、肩をしっかり回そう」

そんな言葉を聞いたことがあるかと思います。
しかし、倶楽部ゴルフジョイでは、

「肩は回してはいけない」

と教えています。

 
 
 
201671821562.jpg
2016718215626.jpg

 

「肩だけを回した」バックスイングと、

「腰からねじったバックスイング」とを、

見比べてみてください。

 バックスイングで、肩だけを回してしまうと、
上半身に力が入ってしまい、身体の回転や、
下半身のパワーが使えなくなってしまいます。

肩は、「回す」のではなく、

「回る」

または、

「回ったように見える」

のです。

「肩が回った」上半身は、力が抜けていて、
ダウンスイングからの伸び上がりも防げます。

ボールに対して構えてはいけません!

100_0078.jpg 100_0079.jpg 100_0080.jpg

 

あなたは、「ボールに対して」構えていますか?
もしそうなら、練習場の調子をコースででは発揮できないでしょう。

では、何に対して構えればいいのでしょうか?
倶楽部ゴルフジョイでは、ボールに対して構えるのではなく、
目標とボールを結んだ線、

「ターゲットラインに対して」

構えるようにレッスンしています。
ターゲットラインに対して構えるのは、すなわちボールに対して構えていることになるのです。

コースででは、1打1打、いかに写真のようにターゲットラインをイメージできるかがポイントです。
練習場のマットでは、正方形に囲まれていますので、ボールに対して構えても、ターゲットラインに対して構えていることになるでしょう。


バックスイングの9時の位置とフォロースルーの3時の位置で、グリップエンドがターゲットラインを指すように練習しましょう。

写真のように、コースに線は引けませんが、ターゲットライン上にバックスイング用、フォロースルー用と2個ボールを置いてみるだけで、いい目安にはなります。

右ひじの使い方

cimg0124.jpg cimg0127.jpg cimg0126.jpg

 

バックスイングから、トップ・オブ・スイングにかけては、右ひじを真下に向けましょう。
前傾姿勢を崩さないで右ひじを真下に向けるのは、なかなかキツイものです。

腕相撲で、負けるような肘の感覚になるでしょう。(画像左)
力が入ると、バックスイングからトップにかけて、腕相撲で「勝った」時のような使い方になります。(画像真ん中)

右ひじを外側に張った形ですと、ダウンスイングから、クラブフェースが大きく右を向いてしまい、右に飛んでしまうでしょう。

バックスイングで、「腕相撲で負けるように」右ひじを使って上げ、ダウンスイングでは、「腕相撲で勝つ」ような右ひじの使い方をしていきましょう。

しっかりとボールをとらえられ、ボールが右に飛ぶことを防げるでしょう。

極度の斜面「つま先上がり」

100_0038.jpg

写真ほどの強い傾斜地では、アドレスを取るだけでも大変です。
こんな場面では、スイング中バランスを保つのが大変ですね。

強く振れませんから、飛距離も望めません。
このくらいの斜面なら、通常の半分くらいの距離を出すのが目安でしょう。

まず、こんな状況では、

「0,5打のペナルティ」

と考えて、フェアウェイに出すことを優先しましょう。

写真のように、かなり短く持って、棒立ちになるくらいの前傾姿勢を取りましょう。

スイングは、水平に振るイメージです。

極度の斜面「つま先さがり」

100_0225.jpg 111111.jpg

 

写真ほどの強い傾斜地では、アドレスを取るだけでも大変です。
こんな場面では、スイング中バランスを保つのが大変ですね。
まるでイスに腰掛けるような構えを取りましょう。

強く振れませんから、飛距離も望めません。
このくらいの斜面なら、通常の半分くらいの距離を出すのが目安でしょう。

まず、こんな状況では、

「0,5打のペナルティ」

と考えて、フェアウェイに出すことを優先しましょう。

「つま先上がり」とは逆で、クラブは短く持ちません。
ボールに届かなくなり、空振りしてしまうからです。

腕が9時の位置から3時の位置までのスイングで良しとし、
腕と手首のスナップだけでスイングしましょう。

パワーが漏れてしまうとは?

cimg0122.jpg 121212.jpg

 

スイング中に、パワーが逃げてしまう箇所が2つあります。

■スイングから、フィニッシュにかけての両膝の間から

■右の肩とアゴの間

からです。

画像右のように、すき間を空けずにスイングすると、パワーが逃げずに、方向性も飛距離もアップします。

良いスイングとは、ややきゅうくつ感があるものです。

バックスイングでは左腕は伸ばすの?

100_0075.jpg 100_0076.jpg

 

バックスイングから、トップ・オブ・スイングにかけて、左腕がすーっと伸びているととても華麗でかっこ良く見えますね。
トーナメントで活躍している選手はほとんどきれいに伸びています。

しかし、選手たちは、毎日ストレッチを欠かさず、ゴルフに必要な部位を常に鍛えています。特に、今回のテーマである、大きなバックスイングを取るための左腕の伸び、肩周りの関節の可動範囲の広さを維持するために、食事まで考えて身体のコンディションをキープしています。

現実問題、通常の生活状態では、プロ選手と同じ関節の可動範囲、筋肉の柔軟性は真似できないでしょう。

画像右のような、リラックスした左腕の使い方をおすすめします。コンパクトな形になり、ダウンスイングからインパクトに向けての操作性も上がり、ミート率が格段にあがることでしょう。

コツは、股関節から上体と腕を一体にしてツイストするイメージです。
腕でクラブを上げていくのではなく、股関節から上のボディ自体をねじって、腕がついてくる、というイメージが効果的です。

腕で身体をねじり上げようすると、グリップ、肘がガチガチになってしまい腕自体の感覚が死んでしまいます。ダウンスイングから、インパクトにかけての操作性が落ちてしまうでしょう。

最初は、感覚の移行がスムースに行かないものですが、繰り返して練習すれば、感覚が芽生えてくるでしょう。

フォロースルーの腕の使い方

100_0095.jpg 22222.jpg

 

「クラブヘッドを目標に放り投げる」

こんなもっともらしい表現がありますが、画像左がそうです。

こんな形では、ヘッドスピードも上がらないし、クラブフェースもうまくターンしてくれません。
画像右のように、フォロースルーでは、クラブヘッドは目標の後ろに放り投げましょう。

バックスイングでは、右ひじをたたむのですから、フォロースルーでも左肘をたたみましょう。

その他の注意点として、

1.アゴをしめて、右肩をアゴの下にくっつける。

2.膝を締める。

3.前傾姿勢をキープする。

ダウンスイングでクラブの降りる位置

3.jpg 8.jpg

 

ダウンスイングのクラブの降りてくる位置や角度も、バックスイングとほぼ同じでなければいけません。

正確には、バックスイングとダウンスイングの軌道はやや違ってくるものですが、考え方やイメージは、同じで良いでしょう。

タメを意識しすぎて、クラブヘッドをかなりターゲットラインの内側から降ろしてくる人が多いようです。長いクラブをスイングすると、大きく右に飛んでしまう人は、バックスイングと、ダウンスイングの軌道が大きく違っていることをチェックしてみてください。

1.バックスイングと同じ位置での確認

2.グリップエンドはオヘソを指し、ヘッドは膝下あたり。

3.右肘は、右脇にくっついていて、グリップは右太ももに当たりそうな。

このままイッキにターンしていけば、長いクラブでもきれいにボールをとらえられるでしょう。

バックスイングはどこに上げる?

8.jpg 3.jpg

 

スイングで、バックスイングは、いい軌道に乗せていくためにとても気を使う部分です。ここで、脱線(軌道から外れてしまう)すると、その先どんどんスイングが狂ってくるでしょう。

スイングのアドバイスをしていて、多くの方が「インサイド」にバックスイングを上げてしまう傾向です。

カラダのねじりと一体化した、いいバックスイングを作っていくために、クラブヘッドの位置と、シャフトの角度をおぼえていきたいです。

1.グリップエンドがヘソを指す(シャフトの角度)

2.クラブヘッドは膝の高さ(位置)

3.右肘と右脇が軽くっついている。

この位置と角度から、バックスイングを上げていけば、良い軌道に乗せていけるでしょう。

PAGE TOP