ホーム>レッスンブログ>webレッスン

webレッスン

ゴルフレッスンを上手に吸収するための考え方

誰に対してのゴルフ理論なのか

 

多くのゴルフ理論の「標準」とは、プロゴルファーを基準としており、教科書的な「標準」は、

一般的な生活を送っているアマチュアゴルファーにとって、「最高度」ととらえたほうが

いいと思われます。


 

プロゴルファーや、アスリート系のゴルファーから、身体能力が劣っていく度合いに応じて、

「標準・基準」から差し引いて各自に適用していくことが望ましいでしょう。

自分の身体能力(ゴルフでは、柔軟性、瞬発力、筋力、持久力やスタミナなど)をよく見極め

ての目標設定や、練習メニューを考えないと、尊い努力が報われなくなってしまいます。

これを、全ての前提として考えると、自分の目指すべき目標を見失わないでしょう。


悩めるアマチュアゴルファーの救世主、倶楽部ゴルフジョイは、この考えを基準に

個人個人に合った練習カリュキュラムを作成し、レッスンを進めています。

上級者ゴルファーは、もちろんこの考え方より、「度合いや程度」をアップしてください。

 

 


■ ”憧れ”でスイングを考えないほうがいい               
 

ゴルフでの身体の動かし方、動作の種類、関節が動く方向などは、

人間としてはみんな同じです。

石川遼選手も、宮里藍選手も、あなたも同じです。

しかし、それらが動く範囲、程度、度合い、スピードには個人差があります。

簡単に言えば、柔軟性に乏しい人は、範囲、程度、度合い、スピードが

小さくなると考えていいでしょう。


よって、自分の「こうやりたい」という願望と、上記の項目がだいたい合っていないと、

練習の成果が見込めなくなってしまいます。

つまり、「憧れ」でゴルフを考えないということです。


憧れを、否定するわけではありませんが、 自分の身体能力や練習状況、ゴルフへの熱意を

総合的に考慮して「分相応」を目指さないと、

常に自分のゴルフへの不満が解消されません。

ゴルフを楽しむことができなくなってしまいます。


自分のゴルフの総合力(身体能力、ゴルフの環境等)= ゴルフの到達可能目標


を見極めましょう。もちろん、ゴルフの総合力とは、あなたの努力次第でアップしていけま

す。 当然、ゴルフの目標も上方修正していけることでしょう。


                  

■ 良いスイングは、きゅうくつ感がある
 

ゴルフスイング(何度打ってもナイスショット)とは、

「制限の範囲で動かす」

と考えてください。クラブの通り道、腕の動く方向、ボディの動かし方など、

ナイスショットはかなり制限、限定された身体の動きです。


つまり、「ここはダメ、そこもダメ」ということで、

「ここしかない」、というクラブと身体の動きなのです。


意識としては、かなりきゅうくつな感じがしますが、私たちは、ボールに対して、

「ここはダメ、そこもダメ、ここにだけ飛んでちょうだい」と要求します。


なので、飛んでいくボールを生み出す私たちが、

「ここはダメ、そこもダメ、ここしかない」という動きをしなければならないのです。



 

■ 意図とイメージの使い分け
 


ゴルフスイングは、意図で身体を動かすより、イメージで動かすことを理解しましょう。

「こう打とう、こう動かしたい」ではなく、

 


「こう動いている、こう動いてくる(と信じて)」です。

 

正しいスイングを身につけるためには、まずクラブは、

どこに上がってどう降りてきて、どこに振りぬくのか、という知識がなければ始まりません。

さらに、そのためには、どう構えて、どうグリップするのか、

肘や手首、腰や肩などはどう動かすのか、ということを、

「できる、できない」

ではなく、まずは頭で覚えなければなりません。

これくらいの項目をおぼえるのに、さして苦労は要りません。


身体の各部がどう動くか、という知識がなければ、

ナイスショットが出せるスイングは決してできるようにはなりません。

正しい知識があれば、できるようになる可能性は確実に上がります。


「なんとなく、こんな感じ」では、ゴルフの上達の可能性は、かなり低くなっていきます。

「こうしよう」という動かし方の意図は、スイングの正しい軌道に

軽く誘導してあげるくらいの意識でいい。

クラブの重み(スイング中の遠心力)を感じることが、イメージで動くということです。

イメージの元は、知識です。

知識がなければ、イメージも曖昧ですし、間違った知識だと、イメージも間違ってくるのは

当然です。


反復運動により養った「無意識」が、知識とイメージの橋渡しをしてくれます。

「こう動かそう、こうやろう」という意図が勝ってしまうと、

クラブヘッドが正しい軌道から脱線してしまいやすいです。


グリップを柔らかく持つと、クラブヘッドは正しい軌道には乗りやすくなります。

ゴルフは、「こうやろう」という意図や意思よりも、


「こうなってくる」「こうなっている」


というイメージのほうが優位になると、どんどん上達していけます。

最優先事項は、「正しい知識」です。正しい知識が、良いイメージの元になります。

バックスイング直後のクラブの位置。

100_0244.jpg

スイングが始まった直後、バックスイングの出だしの部分のチェック方法を紹介しましょう。

画像のように、スタンスの中に斜めにクラブを置き、
自分から見て、バックスイング直後のクラブが、
スタンスの中に置いたクラブと重なるように上げていきます。

腰も同時に回転させましょう。
しかし、右膝は伸ばさないように踏ん張らないといけません。

最終的に、腰は肩の約半分くらい回ります。
自分から見て、おへそおが、45度くらい右に向いていればいいでしょう。



チェックポイントは、3つです。

1.グリップエンドがヘソを指していること。

2.クラブヘッドは、だいたい膝の高さにある。

3.クラブヘッドは、飛球線のほんの少し内側にある。

です。

これで、スムースなバックスイングになっていくでしょう。

 

コンペ幹事必読「初心者が1人入ったら・・・?」

コンペなどに、初心者が参加する場合、
幹事さんの事前と、プレー中の配慮がモノをいいます。


 

初心者の方の現段階のプレーでは、思うようには進めないので、

「初心者用特別ルール」

を作るといいでしょう。
たとえば、

■ 「バンカーショットは2回まで。もし出なかったら手で横に出して」

■ 「後続組を待たせていたら、グリーン上は3パットで打ち切り」
    (パットが意外と時間がかかるのです!)    

パターで、


■ 「後ろの組を待たせているペースなら、遠い人から打つ、の原則は無視して、
  1メートル以内は マークせず、どんどん「お先 、OK」を徹底化しておく」

そんな慌ててやっても面白くない、との声が聞こえてきますが、

後続組を待たせているようなら、厳しいようですが、

ラインを読んでていねいにやっている場合ではありません。



また事前に同伴プレーヤーと、全員の進行を速める打ち合わせや、

プレーの段取りの取り決めをしておけば、

前の組に遅れる、後ろの組を待たせるといった状況を防げ、

皆さんの所要時間が増やせるかもしれません。

さらに、初心者の方には、

■ 「とても打ちにくい場所では、1打払ってその人が打ちやすい平らな場所から打つ」

■ 「本人が我を失うくらい慌ててしまい、どうにもならない場合は、そのホールをギブアップ。
  そのホールのパーの3倍のスコアを記入してプレーは省略して速く進む」

■ 「ボールが池に入ったら、池を越えたところから1打足してプレー」



前の組に遅れている状況では、

■ 「そのホールはプレーは中断して自分のボールをピックアップ。しばらく手で持って歩いていく」

■ 「疲れたら、プレーを一時中断してカートに乗って見学も可」

■ 「グリーン近くになったら、アプローチやバンカー用のクラブとパターは自分で用意して3本セットにして持って歩く」

なども、取り決めておくといいでしょう。

これらの臨時特別ルールを全員で打ち合わせ、

初心者の方にアドバイスしておけば、安心して参加できることでしょう。

 

遠くへ飛ばす目線は?

cimg0004.jpg cimg0005.jpg cimg0002.jpg

 

普通、遠くを見るときはアゴを上げて

目線を上に向けるものです。

では、一番遠くへ飛ばせるドライバーを

打つときの目線はどうしているでしょうか?



ラウンドレッスンで生徒さんのプレーを

拝見していると、画像のように、
 

「亀が首を出すように」

目標を確認しています。

中には、「高い位置に目線を置き、

    そこに向かってスイングしろ」

とレッスンしている方もいますが、

私の意見は逆です。

 

ゴルフでは遠くへ飛ばしたい ときほど、

画像右のように目線を低く、アゴを引く。

アゴを引く、といってもイカリ肩になるほどではなく、あくまでも「軽く」です。

私は、「水平目線」と「斜め目線」

と呼んでいます。

 

ゴルフは、前傾姿勢をできるだけ最後まで

保ったままスイングして目標を目で追うので、

斜め目線が望ましいのです。



日常生活は水平目線です。

他人のボールを見るときも、

は水平目線でよく見えます。

一番気になる自分の飛んでいくボール。

インパクトの一瞬後では、

本能的に水平目線になりやすい。

しっかり自分に言い聞かせて

斜め目線で追いましょう。



スポーツでは、アゴが浮いたら

ダメな場合が多いです。

水平目線でボールを追えば、

アゴが上がりやすくなり、

アゴが上がれば腰が浮き、

膝が伸びて重心も浮いてしまいます。



アドレスで目標を確認するときから、

斜め目線にします。

自分への言い聞かせも忘れずに。

なかなか辛抱がいるものです。

しかし、その辛抱ができれば、

(斜め目線のキープ)ボールは曲がらず、

斜め目線の先にストレートに

飛んでいっていることでしょう。

 

 

「三脚」になってませんか?

構えて、ボールに意識が行き過ぎると、姿勢が前のめりになりやすく、

「三脚」になってしまいます。

アドレスでは、自分の「二本の脚」で立つべきで、真ん中の脚(クラブ)に体重をかけてはいけません。

ア ドレスでは、クラブヘッドは地面にベタっとは押さえつけずに、芝の葉先に触れるか触れないかぐらいで、ヘッドの重さを感じられるようにソールしましょう。 ヘッドを浮かせて構えている感じがするでしょう。特に夏のラフでは、芝の上数センチにボールが浮いている状況があります。

足でボール付近を踏んでみて、ふかふか沈むようでしたら、ソールの高さに気をつけましょう。

練習の方法としては、マットだけでなく、いろんな高さのティーにボールを乗せてボールだけを打つ感覚をつかむのが効果的です。アドレスでヘッドを地面につけないと打てない、ではラフやフェアウェイバンカーから飛距離を稼ぐのは難しくなります。

しかし、ボールが深く芝にもぐっていたら、ボールの手前の芝から根こそぎ刈り取るように振っていかなければいけません。腕力勝負になります。

まとめとして、

1.まずライを見て、芝の葉先からどれだけボールが浮いている
のかチェック。

2.アドレスでソールの高さに配慮。

3.芝の下に沈んでいる場合もあるので、スイング軌道の最下点を
イメージする。

経験が増えてくれば、芝の抵抗も素振りで予測でき使用クラブも判ってきます。

「遠心力で飛ばすって?」2

「大きなスイング軌道って?」「スイング軸ってどこにあるの?」 2

100_0151.jpg

 ~ つづき

技術的には、2つに絞りましょう。
1つ目は、脇と肘の使い方。2つ目はコック(手首の使い方)の正しい使い方です。

スイング中に、肘と脇の支点を利かさないと、打つ人自体のスイングの規格サイズより膨らんでしまいます。つまり、円運動ではなくなり、イビツな円になってしまうのです。

「脇と肘の支点を利かす」

とは、具体的にはスイング時の肘の折りたたみ運動のことです。
バックスイングでは、必ず右肘はたたんでいき、インパクト以降フォロースルーから、左肘をたたんでいき、フィニッシュにかけて両肘をたたみこみます。そして、コックと呼ばれる手首の動きも肘の折りたたみ運動に伴って行われないと、円運動にはなりえません。

両肘の折りたたみ運動とコックで、上手に円軌道を作らないと、クラブヘッドがそこからからはみ出してしまいます。はみ出す方向によって、これがダフりや、スライス、シャンクになります。

これらの原因は、腕を自分のサイズ以上に(スイング軸を中心とした腕で描く円の直径)大きく使いすぎるからです。 また、中心の強さ、つまり軸の意識がしっかりしているかにもよります。もしそういったことを知らなければ、知る必要があります。

スイング軸は物体ではなく、意識を持ち、イメージすることで、「発生」するものです。

スイング時の腕の直径は写真のように、両方の腕で出前をかついでいる形と考えるといいでしょう。 腕の直径を、両腕を伸ばした状態と考えてしまうと、肘の折りたたみ運動が鈍くなり、円運動ができなくなります。 雑誌などに、「できるだけ大きなスイングアーク」とよく書かれてありますが、これが当てはまるのは、「ゴルフ体力」のある(柔軟性の高い、アスリートゴルファー)ゴルファーのみで、この文章を読んでいただいている大部分の方は、一般ゴルファーの方でしょう。

私のアドバイスでは、「大きなスイングアーク」などという言葉は、頭から消し去っていただきたいものです。
腕の長さは決まっているのです。スイングアークは、大きくも小さくもないものですが、ほとんどのアマチュアゴルファーは、柔軟性に乏しいものですから、む しろ、スイングアークを小さめにイメージすることの方が良いとさえ言えます。アマチュアゴルファーをレッスンしている私の実感でもあります。

柔軟性が乏しくなる度合いが強まる程、大きなフォームは作れなくなります。 無理に大きなスイングを作ろうとして、中心であるコンパスの針(スイング軸のこと)をズラしてしまっては逆効果です。
無理に大きく腕を伸ばそうとすると、関節や筋肉がツラくなり、ツラいことは本能的に避けようとするものです。
「避ける」とは、正しいスイング軌道が作れなくなることを意味します。

もし、無理に大きく腕を使って軸がぶれると、当然円運動ができなくなり、ダフり、トップ、スライス等あらゆるミスにつながります。

私は、「大きなスイングアークを作れ」というレッスンこそが、多くのゴルファーの上達を妨げている原因だとさえ考えています。(プロや、トレーニングを積んでいるゴルファーにはこの話は当てはまりませんので、誤解なきよう)
 

「遠心力で飛ばすって?」

「大きなスイング軌道って?」「スイング軸ってどこにあるの?」

クラブヘッドは、円く動いてこそその機能を発揮します。
遠くまで正確に飛ばすためには、クラブヘッドを円運動させなければなりません。クラブを持っている腕も当然円運動をしなければなりません。

円運動は、コンパス運動ですから、中心、直径、半径などのキーワードが思い浮かびます。

スイングでは、「スイング軸、スイングプレーン、スイングアーク」などの言葉で表現されています。 人間の両腕の長さはほぼ同じでしょうから、スイング時での円軌道の半径は同じでしょう。 理屈では、スイング軌道は「真円」です。前傾姿勢があるので、「傾きのある円軌道・スイングプレーン」となります。

しかし、筋肉の収縮や関節の柔軟性、円運動を行う際に発生する「遠心力」の大小で、やや楕円になるものです。または、柔軟性の低い人は、イビツな円になってしまいます。 この遠心力が、理論通りにスイングさせてくれない「クセ者」であると、私のレッスン経験から思うのです。

よく「遠心力で飛ばす」ということを聞きますが、この遠心力が"良くも悪くも"スイングに影響を及ぼすことを理解できていますか?この飛びそうな響きのある「遠心力」を理解し、上手にスイング軌道に込めないと、ずっとミスつきまとわれることになります。

遠心力とは、文字をよく見てみると、「中心から遠ざかっていく」ことです。ただ遠ざかっていけば、ハンマー投げのようになってしまいます。
これが、「クラブを目標に放り投げるように」、という最もらしく広まっているヘンな表現になってしまいます。 つまり、ゴルフスイングは、ハンマー投げの放り投げる直前の回転運動に近い動きでなければいけません。放り投げてしまえば、円軌道からクラブヘッドがはみ出してしまいます。

スイングとは、身体の中心と円運動をするクラブヘッドが引っ張り合うことです。ゴルフスイングは、足元は構えた位置からほとんどズレていかないこと、を考えれば、クラブを目標に放り投げるという表現より、背中側に放り投げる、という表現の方が適切ではないでしょうか。

ここまで、ゴルフスイングにおける「遠心力」の意味と考え方をお話してきました。次に、どうやってこの遠心力を上手にスイング軌道におさめ、飛んで曲がらないように働いてもらうかを見ていきましょう。

                           つづく~

「ゴルフにおける平常心とは」

100_0225.jpg

今回は、前回のトラブルからの脱出のお話と関連したトラブルを防ぐお話です。

どうすれば、平常心を保ってスイングできますか?という質問を受けます。

「自分の腕前に応じた失敗の処理の仕方を持っていること。そしてそういう準備(技術と知識、考え方)があること」

とお答えしています。

ボールを曲げて林に入れても、ガケに落としても、脱出できるという(そういう場面の練習をしてきて、腕前に応じた結果も理解している)自信と安心感がお守りとなり、それがリラックスを生み、いつもどおりの平常心でスイングできるのです。

不思議なもので、「失敗しても脱出できるさ」または、次の展開に進めるルールや処理の仕方を知っているという自信、言い換えれば「技術や知識の準備」があれば、かなりの確率で失敗しないものです。

失敗しないというか、ふだん通りの実力が出るということで、現段階の実力以上のことができるということではありません。ここはカン違いしてはいけないポイントです。

平常心とは、練習でできることを10とすれば、本番では6くらいで実行するときに保たれるものと私は考えています。緊張下でのプレーに慣れていて、経験も積んでいる人なら、8から9くらいは実力が出せるかもしれません。

プロゴルファーなら、ここ一番という場面、10分の10が出せるでしょう。しかし、いつも10分の10では神経も技術ももちません。
失敗したら仕方ないと覚悟を決め、今まで練習してきたことを信じ、うまくいったときだけのイメージを持って「ためらわずに」実行したときに起死回生の1発が出るでしょう。

トラブルからの脱出(後編)

~つづき

もし、今のあなたが、

「やってみなきゃわからない」

という場面に出くわしたなら、まず失敗すると考えてください。
まあ、ギャンブルだな、とわかっていてトライするならまだマシです。一番危険なのは、結果の確率の判断ができない場合です。

つまり、「できることと、できないこと」の区別がつかないことです。
しかし、このレッスンを読めば、かなりの区別がつくようになるでしょう。

今のあなたから見て、高い実力のある人には、あなたにとってはギャンブルな場面でも、上手い人には簡単なフツーの一場面なのです。

しかし、実力者も、過去にはそんな場面に泣いたはずです。けれど、そんな過去を忘れているぐらいに経験と練習を積んで今の腕前に達したはずなのです。これは全てのゴルファーに当てはまるでしょう。最初から出来た人なんて絶対いません。

    「これどーするの?」

そんな場面は、

    「1打余計に打てばいいじゃないか」

と考えれば、ほとんどのケースで、たった1打余計に打つだけで脱出できます。後で振り返ってみたら、最小限の「出費」で済んだことに納得することでしょう。
次の、その次のショットのために、と考えれば冷静にもなり、どこにボールを出すべきか、視野が広がってくるでしょう。

一か八か、万が一、ひょっとしたら、そんな考えが浮かんだら、まず失敗します。

腕前によって、ギャンブルの基準が違うということです。

トラブルからの脱出(林からの出し方とトラブルでの考え方)

100_0216.jpg 100_0217.jpg 100_0218.jpg

 

1.短く持ち、スタンスは狭く、左足体重に構える。

2.ボールは右足の前に置き、ボールは近くに置く。

3.できるだけ手首を使わず、腰から下でスイングする。

どんなに上手いゴルファーでも、必ずボールは曲がります。
曲げない練習をするより、曲げたあとのスムースな脱出の練習(失敗の処理の仕方)をすることがポイントです。

上手なゴルファーは、トラブルからほとんど1回で脱出をします。それは、トラブルを想定して、脱出できる打ち方を練習してきたからに他なりません。
上手いゴルファーは、トラブルからさりげなく脱出しますから、初・中級者のゴルファーはそんな場面のテクニックを見落としてしまいやすいでしょう。
そんなに難しくはない打ち方なのですが、大失敗につながってしまう多くのケースは、実力以上の欲張りが原因です。

ゴルファーは、ピンチになると、一番危険な脱出法に傾きがちです。

    「一か八か」

    「万が一」

    「ひょっとしたら」

    「やってみなきゃわからない!」

これらは全部、ギャンブル的な考え方です。

    「このピンチを大逆転の1打、起死回生の1打で切り抜けてやろう!」

スリル満点でこれぞゴルフの醍醐味でしょう。しかしスリルと大事故はセットですし、いまの瞬間のスリルと、プレーが終わったあとの、いいスコアを出した後の深い満足感、どちらを選びますか?

「やってみなきゃわからない、万が一」が思い浮かぶゴルファーが、自分よりかなり上手いゴルファーのそんな場面を見ているとします。
当の上手いゴルファーは、どんな心境、イメージが浮かんでいるでしょうか?本人は、

    「失敗するイメージがない」

が正解です。つまり、そのピンチに見える場面が、上手い人にはピンチでもなんでもなく、
フツーの1打に過ぎないのです。

                           つづく~

PAGE TOP