ホーム>レッスンブログ>webレッスン

webレッスン

「アプローチの距離感の磨き方2」

グリーン周り特集

芝の影響を受けたり、打ち損じたりで、確率が悪くなるのは仕方ないと考えます。

「今が結果」ではなく、今の結果から「次はこうしてみよう、これくらいの強さだろうか」と今の結果を「次に活かす」というのがゴルフの上達のプロセスと考えましょう。

「こうなるだろう」、という見当をつけ、その見当を信じて(この段階では、合う合わないは度外視)実行します。直後に結果がでます。その結果に一喜一憂している暇はなく、出た結果の誤差をよく見て、それを次の1打に活かす。これが学ぶことでしょう。

距離感発達のコツは、恐いでしょうけど、最初は旗よりもオーバーしてもいい!と思ってトライしていくのが距離感を身に付けるコツです。 ショートさせるのは、今後のためらいにつながり、決して距離感は身につきません。私がレッスンで見ていて、キャリアがあるのに距離感が悪い人は、ほぼ間違 いなく、

「平均してショートする」

人です。回数をこなしていくと、オーバーした距離の分を引き算で合わせていくことをおぼえていきます。「引き算」とは、小手先で行うのではなく、振り幅の大・中・小か、強弱の強・中・弱のさじ加減で合わせていきます。
つまり、「大・中・小」の型を作ってしまいます。
3等分というのは、カンも、イメージもつきやすいものです。

カンで距離感を引き算すると、ためらいにつながり、スイング軌道がブレてしまいます。 いずれにしても、ピッタリは捨て、2パット以内に寄ればOKくらいで臨むことです。何度か実験的に練習してみて、今の実験の結果を次の1打に求めすぎないことです。

実験とは失敗が当たり前なのでためらわずに実行しましょう。

なんども実験を繰り返してカンが養われていくのです。 「こうしたい!」という願望は、「だいたい」というある程度の誤差の許容範囲で考えるべきです。大きなグリーンでは、手前、真ん中、奥と3段階くらいで距離感を分けて狙うといいでしょう。

グリーン周り特集。「アプローチの距離感の磨き方」

よく、チップショットのクラブ選択や、キャリーとランの比率はどうやって決めるのか、という質問を 受けます。

これは、過去の経験(感覚の積み重ね)で決めるしかありません。


つまり、カンで決めるのです。カンが冴えてくれば、「イメージ」がでます。理屈ではなく、

「あそこに落とそう」

というイメージが自然に湧いてきます。もし、自然にイメージが出なければ、「まだ年季が足りないんだ」、と考えて、
その段階では「ぴったり」の結果はあきらめ、練習に励んでください。

ゴルフは、描けるイメージの鮮明度によって結果が決まってきます。
「7月25日分」のアプローチの理屈をしっかり身につければ、打ち方や考え方の「型」が出来てきます。
イメージは型が決まってきてはじめて出てくるものなのです。型とは、理屈と考えて良いでしょう。

では理屈って?ボールの位置とか、構え方とか、持ち方、それに「こんな結果になりやすい」、
「今の自分なら、この程度の結果で良しとすべき」という考え方などです。


一番大事なのは、「できないかもしれないけど、理屈を飲み込んで実行してみる」ということです。
多くの方が、すぐに「できない、わからない。」と言い過ぎです。
距離感とかまだわからないかもしれませんが、そういうときは、現時点では「だいたい、こんなもんだろう」しか方法はありません。

距離感 は、理屈では割り切れません。ピッタリを狙わないといっても、現時点の腕前の分だけ無意識下で距離感を調節しにいくものです。
表面の意識では、むしろ「だ いたいでいい」くらいに考え、微調整は無意識下の感覚にまかせてしまうことがコツです。
その人の現時点の無意識下の感覚以上のものは発揮されません。

次号につづく~

「スコアアップはチップショットのマスターから」

グリーン周り特集

100_0192.jpg 100_0191.jpg

 

コースでレッスンをしていて、多くの方が、旗の目の前から大きくスコアを崩してしまいます。300数十ヤードを、2~3 回でグリーンそばまで運んでこれて、もう手で投げれば届くような距離から4~5回もかかってしまう。この記事を読んでくださっている方の中にもイヤという 程経験された方も多いことでしょう。

そんな割の合わないプレーは、早く卒業してください。今回から、数回に渡り「 グリーン周り特集 」と題して、アプローチの特訓をしていきましょう。即効性のあるお話ですから、次回のラウンドでぜひ活かしてください。

まず、パターの次にスコアアップにつながるチップショットからです。
チップショットの3つのキーワードをおぼえてください。

1. 「落とし場所」

2. 「キャリー」 : ボールが空中にある時間

3. 「ラン」 : ボールがグリーンを転がっていくこと。

ボールがキャリーしているときのボールの高さは、PWやAWを使った場合、打ち方にもよりますが、ほぼ1メートルにつき、10センチの高さになる、と考えてください。

1.キャリー2~3ヤードなら、ボールの高さが20~30センチくらい。

2.キャリーが5~6ヤードならボールの高さが50~60センチくらい。

3.キャリーが 10ヤードならボールの高さが1メートルくらいとなります。(PWかAWの場合)

■ 使用クラブ別キャリーとランの比率(ピッチングを基準) ■ 

打ち方の良し悪しや、グリーンの芝の長さでキャリーもランも完全に比率通りに分かれるわけでなく、だいたいの目安となります。ボールから旗までの全長を10として、

PWやAWで、キャリー5に対してラン5(写真左)
SWで、キャリー7に対してラン3
7番で、キャリー3に対してラン7(写真右)

状況に応じて、プレーで試してください。

チップショットは、以外とボールの勢いがあるものです。あんまりソフトに打っても上手く打てません。打ち方のコツは、

振り幅を、「小さく、速く、パチン!」

と思い切って打つことです。打つ直前の目線は、旗ではありません。必ず落下地点に目線を合わせてください。ボールは意外と低く、勢い良く飛び出していくこともイメージしておきましょう。
また、完璧にボールの落とし所とランの予測も難しいでしょうから、4~5メートル以内に寄れば十分合格としましょう。旗の周りに4~5メートルくらいの大 きな円をイメージしましょう。「チップショット + 2パット」と考えれば、緊張も和らぎ、結果として4~5メートル以内に寄ってしまうことでしょう。

スイングでの使われる腕の長さは?

100_0151.jpg 100_0152.jpg 100_0153.jpg

 

意外と誤解されているようですが、スイングでの両腕の使われる長さは写真のように、両腕をほぼ直角にたたんだ長さです。

両腕が伸びているのは、構えたときだけ、と考えて良いでしょう。スイングが始まると、バックスイングでは右腕がすぐにたたまれ、フォロースルーではすぐに左腕がたたまれていきます。

さらに、たたまれている肘は真下を向いているようにしておきましょう。

肘のたたみと、フットワークのタイミングを合わせると、スムースでキレのあるスイングになります。

スタンス幅の目安を知りましょう。

100_0154.jpg 100_0156.jpg 100_0157.jpg

 

スタンス幅は、スイングに大きな影響を及ぼします。
バックスイングの適性なねじり、フォロースルーでの速くてキレのある回転を得るためには、

「その人に合った」

スタンス幅を取りたいものです。

「飛ばしたいからスタンスを広く取って・・・・・。」、

「石川遼君は、広いスタンスで飛ばしている」。

こう思われるかもしれませんが、彼らプロゴルファーは、毎日ストレッチは欠かしません。一般アマチュアゴルファーよりも、はるかに関節の可動域が広く、あれだけ広いスタンスでもしっかりカラダがねじれてまだ余裕があるのです。

レッスンをしていて気になるのが、多くの方のスタンス幅が広過ぎることです。関節の可動域を無視したスタンス幅では、決して飛びません。それどころか、上達しません。さらには腰の負担も大きくなり、故障の原因にもなってしまいます。

倶楽部ゴルフジョイでおススメするスタンス幅は、3種類です。
写真のように、靴の横幅を利用してスタンスを測ってください。

SWから7番アイアンくらいまでは、靴の横幅1足分、6番アイアンくらいからユーティリティまでは、靴2足分、ウッド類は、靴3足分が目安とアドバイスしています。

そして、つま先を写真右のように「11時5分」の角度に広げましょう。バックスイングとフォロースルーの回転量がそろいやすいです。しかし、どちらかの回転に偏りがある人は、微調整すると良いでしょう。

ほとんどの方が、物足りなく感じるようですが、ゴルフは万事、物足りないくらいがミスも減らします。目いっぱい、はミスと隣り合わせです。車の運転と同じ、ゆとりと余裕がないと事故につながります。

スタンス幅に迷ったら、

「狭すぎるくらいでちょうど良し!」

とおぼえておけば間違いありません。

ショートパットは気合で入れる!

100_0225.jpg

1メートル以内くらいの短いパットは、よほどの傾斜でない限り技術的には難しくありません。
しかし、入れ頃外し頃と言われるこの距離は、かなりプレッシャーがかかるものです 。

ミスの傾向としては、打ち切れずにショートというパターンですね。カップの手前からなんとか入れよう、という心境では、プレッシャーに負けてしまって手が必要な分だけ動かないものです。

こんな場合は、 1メートル50センチ打つイメージがコツです。

練習グリーンで、写真のような練習をしてみてください。カップの奥にボールを置いて、そのボールにぶつけるイメージでパッティングします。

「あとひと転がり」

が打てるイメージがついてくるでしょう。

「つもり」と「実際」の差。ビデオ分析のすすめ。

(初心者~中級者)

ゴルフスイングは、自分ではもちろん見えません。
こう振ってるイメージ(つもり)ですが、他人からの指摘では、「全然違うよ」となるものです。ゴルファーは、「つもりと実際」の差が大きく違っていることに悩まされることになります。 いかに自分のスイングを客観視するか、が上達のコツです。

レッスンを受けている方は、習っている先生に指摘を受けていることでしょう。 指摘を信じてないわけではないのですが、どうしても完全には信じられない。 「言われたようにやってるよ~!」となるが、先生からは、「できてないなぁ!」となる場合が多いですね。

やはり、自分の目で動かぬ証拠、実際の自分のスイングを観て確認し、納得するのがベストです。 レッスンでは、ビデオが有効になります。どこのゴルフスクールもビデオレッスンは取り入れています。

特に経験の浅い人程ビデオレッスンは有効です。 経験豊富なゴルファーは、「つもりと実際」の差も少ないし、またその差もつかんでいるものです。さらに経験からつかんだ感覚で修正していけます。

ゴルフ経験の浅い人は、自分のスイングを客観視する習慣としてビデオレッスンをおすすめします。 課題を決め、そこに焦点を合わせてためらうことなくスイングして撮影してもらいましょう。
まだスイング知識の少ない人は、習っている先生に全面的にお任せしてもいいでしょう。ある程度自分でわかる人は、スイング中のクラブの「正しい位置と角度」をポイントに分析していくと改善点が見えてきます。


「診断」~「処方」となりますが、意図した動きに修正するには、かなり思い切って過剰なくらいに変えていくくらいで、やっと少し変わるくらいです。

現時点では、「つもり」が "かなり" ズレているわけですから、その「つもり」を "かなり" 変えてみましょう。そしてまたビデオでチェックしてみます。この繰り返しで、だんだん「つもりと実際」の差が縮まっていくことでしょう。

結論ですが、一番大切なことは、「つもり」、つまりお手本となるスイングが 

                 "はっきりイメージできているか" 

です。 そのためには、出来る出来ないは別として、スイング中のクラブの正しい位置と角度、身体の動きが「知識として」わかっていることです。

各自の身体能力(柔軟性や筋力、伸長など)も考慮したスイングの知識を学習してください。習っている方は、先生と相談して自分のスイングを作っていくと良いでしょう。

イメージできる以上の動きはできないものです。イメージが鮮明な程、早く理想に近づきます。正しく、なおかつ詳細なスイングの知識が鮮明なイメージを湧かせます。

「真っすぐに構える」とは。

2008071510300000.jpg

目標に真っすぐに構える、とは目標にカラダが平行にセットされることです。これを「スクエアに構える」と言います。

初心者の生徒さんのみならず、多くのゴルファーが目標の「右を向いて」構えてしまいます。あなたもそのお一人でしょうか? その理由を勉強していきましょう。

カラダが目標に平行なのですから、言い換えれば、カラダの各ライン(肩、腰、スタンス等)は目標の左を指すことになるのです。

構えは、目標に対して構えるのではなく、ボールが飛んでいく「ターゲットライン」に対して構えられなければいけません。

ゴルフの悪魔を呼ぶ呪文

ゴルフでは、

「わからない、できない」

と口から発することは、ミスを呼びこむことになるものです。
それらは、まさに上達を遠ざけ、ゴルフの悪魔を呼ぶ呪文です。

ガケの下や、林の中からの脱出、難しそうなバンカー、傾斜地など、
トラブルに遭遇した場合、どう対処しますか?
そんな場合でもまずはトライしてみましょう。

なぜわからなくなるのでしょうか。
現時点の腕前以上の結果を望む、また期待してしまっているから対処法が見えなくなるのです。

「いや、そんなこと望んでいない!」

と反論の声が返ってきそうです。
まったくの初心者、たとえばコースデビュー者ですと無理もありませんが、
この記事をお読みの方々は、少しは経験を積んでいるでしょう。

「できない、わからない」というミスを呼ぶ悪魔の呪文は、
自分の運動神経や今備わっている感覚にフタをしてしまいます。

■1打余計に打てばいい

■ ぎりぎり・ぴったりはあきらめる

■ まあまあの結果を狙う

難しい場面では、上級者でもそう考え、バッチリの結果は望みません。

上級者(上級者になれる人も)はそんな状況ほど「まあまあ、そこそこで仕方ない」と割り切ります。
各自の腕前の段階により、「まあまあ、そこそこ」の許容範囲は違います。
自信のない状況では、結果に対する誤差の許容範囲をたっぷり見込むことが大きなミスにならないコツです。

ピンチ脱出の考え方は、「大成功!」は捨てて、「30~40点で良しとする」が一番です。

 

ドライバーとアイアンの構えの違い

100_0107.jpg 100_0188.jpg

 

アイアンは、ボールが直接地面と接していますが、ドライバーは、ティーアップされています。ボールは、5~10センチくらい地面から浮いています。

スイングしている最中に、ボールと地面との接触面を気にしながらインパクトするのはよくありません。良いスイングとは、「上手く当てる」のではなく、「上手く当たる」ものだと考えてください。

アイアンの構えは、腕とシャフトの作る形が「小文字のy」に、ドライバーの構えは、腕とシャフトの作る形が「大文字のY」にとおぼえましょう。上手に打ち分けられるようになるでしょう。

PAGE TOP